スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・サマヤウブド

ザ・サマヤウブド
THE SAMAYA UBUD

water-ponds-l.jpg

2010年6月ウブドのサヤン地区にオープンした「サマヤウブド」
渓谷沿いの緑あふれる丘に建つホテルです。
ゲストのプライバシーを第一に考えており、客室はすべてヴィラ
タイプです。敷地内にはカップルでも楽しめるスパや眺めのいい
レストランも完備しておりゆったりと時を楽しむ、大人の休日を
送るための施設が整ったリゾートです。

それでは、ウブドの自然に囲まれリゾート内も緑豊かな
敷地内をご案内させていただきます。

まずは、ホテルに到着して最初に訪れるロビー棟からです。

レセプション
壁面がガラス張りの明るいロビー棟内のレセプションです。

ロビー
レセプションの隣にロビーエリアが広がっています。

ロビーテラス1
ロビー棟のテラスからは、ウブドの大自然と田園風景を見渡すことができます。

ロビーテラス2
壮大なパノラマが広がります。
サンセットの時間帯には、また違った景色が楽しめます。

それでは、全室ヴィラタイプのお部屋をご紹介させていただきます。

まずは、ヒルサイドヴィラです。
各ヴィラの敷地面積は、350㎡と贅沢なつくりです。

ヒルサイドヴィラ1
ヴィラの敷地内に足を踏み入れまず目に飛び込んでくるのは、
大きなプールです。

ヒルサイドヴィラ3
充分な深さがあるプールです。

ヒルサイドヴィラ2
プールは、緑が鮮やかな芝生とウッドデッキで囲まれています。
ウッドデッキ部分には、デイベッドが4台も並べられていますよ。

ヒルサイドヴィラ4
こちらは、オープンエアーのリビング、ダイニングスペースです。
ウブドの気持ちいい風が吹く中で朝食をお楽しみいただけます。

では、ベッドルームへと進んでいきましょう。

ヒルサイドヴィラ5
高い天井が印象的な部屋です。

ヒルサイドヴィラ6
お部屋の中央にベッドが配され並びでソファーが置かれています。

ベッドのヘッド部分の後ろがデスクスペースで、その向こうの
扉の奥がバスルームです。

ヒルサイドヴィラ5
先程ご紹介したこちらの画像でみるとお部屋のコーナーに
テレビが配され、その反対側にチェストが置かれています。

ヒルサイドヴィラ7
チェストには、冷蔵庫や湯沸し器をはじめ
グラス・カップ類などが配されています。

ヒルサイドヴィラ8
クローゼットには、ガウンやアイロン、セイフティボックスが
備えられています。
セイフティボックスの隣にある白と黄色の筒状のものは
虫対策のグッズです。大自然の中にたたずむホテルですので
多少、蚊などはいます。お部屋の中に蚊などが入ってしまった
場合にはこちらで対応をお願いします。

続いて、バスルームをご紹介します。

ヒルサイドヴィラ9
こちらは、ダブルシンクの洗面台です。
シンクの間のボックスには、アメニティグッズが収納されています。

ヒルサイドヴィラ10
大きなバスタブもあります。
常夏のバリ島ですが、やはり湯船に漬かって疲れを癒したいですよね。

ヒルサイドヴィラ11
湯船に浸かり調度いい場所の壁面にテレビが設置されていますよ。

ヒルサイドヴィラ12

            ヒルサイドヴィラ13
シャワーブースやトイレもあります。
シャワーブースには、水圧の優しいレインシャワーとハンドシャワーが
設置されています。

ヒルサイドヴィラ利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=18062


続いて、アユン川が目の前を流れる アユンヴィラをご紹介します。

アユンヴィラ1
こちらのアユンヴィラにもプライベートプールがあります。

アユンヴィラ2

          アユンヴィラ3
プールサイドのウッドデッキには、デイベッドが置かれています。

アユンヴィラ4
アユンヴィラの敷地内には、ガゼボーがあります。
こちらのガゼボーやプールサイドのデイベッドで
のんびりとした時間を過ごしていただけます。

アユンヴィラ5

アユンヴィラ6
アユンヴィラというくらいですからお部屋のすぐ目の前を
アユン川が流れています。
取材に訪れた日は、雨の後でしたので水が濁り少し水量が
増えていますが、普段は綺麗に透き通った水の流れを
見ることができます。

アユン川のせせらぎを感じながらヴィラ内のデイベッドや
ガゼボーでゆったりとした時間を過ごせば癒しの効果
抜群なのではないでしょうか。

ヒルサイドヴィラとアユンヴィラのヴィラ内のレイアウト図も
ご紹介しておきます。

★ヒルサイドヴィラ
floor20plan20hill20side[1]

★アユンヴィラ
floor20plan20ayung20villa.[1]

ベッドルームとバスルームの内部は、ほぼ同じレイアウトです。
プールなどお庭の様子が少し違います。

どちらのヴィラもプライベート空間がしっかりと確保され
海外のホテルにいるにもかかわらず、我が家にいるような
気分が味わえると思います。

続いてその他の施設もご紹介させていただきます。

まずは、人気のスパをご紹介!

スパ1
「Spa at THE SAMAYA」です。

スパ2
こちらは、スパのレセプションです。
スパ初体験の方でもご安心ください。
優しい笑顔で迎えてくれますよ。

スパ3
こちらは、スパ施設内の専用プールです。

スパ5
こちらは、カップルやご友人同士で一緒にご利用いただける
ツインタイプのトリートメントルームです。

スパ4

スパ6
トリートメントルーム内には、フットマッサージコーナーや
ジェットバス完備のバスタブもあります。

スパ7
お部屋からは、緑豊かな風景を眺めることができます。
こんな癒しの空間でパートナーや友達と癒しの時間を
お楽しみください。

スパ8

           スパ9
スパ内には、シャワーブースやドライサウナもあります。

スパ10
こちらは、ネイルコーナーです。
せっかく南国リゾートに来たのですから、リゾートバージョンの
ネイルに挑戦してみてはいかがでしょう。

スパはとても人気がありますので、ホテル到着後すぐにでも
予約をしておくことをおすすめさせていただきます。

続いてレストランをご紹介します。

まずは、アユン川のほとりにあるレストラン
「Swept Away」です。

スウェプト・アウェイ レストラン2

営業時間は、11:00~23:00
ランチからアフタヌーンティー、ディナーまで楽しむことができます。

スウェプト・アウェイ レストラン3

          スウェプト・アウェイ レストラン4
人気のテラス席は、アユン川にかかるようにデッキが造られています。

こちらのテラス席でアユン川のせせらぎをBGMに
午後のひと時を過ごすなんて贅沢じゃありませんか??

アフタヌーンティーの一こまをご紹介します。

SWEPT AWAY

サマヤウブドには、もう一箇所、朝食をお楽しみいただける
レストラン「Scene Restaurant」があります。
こちらのレストランからは、美しい棚田を眺めることができます。
朝日を浴びる棚田を眺めながら朝食をお楽しみください。

ジム
リゾート内には、ジムもあります。
旅行に出かけるとついつい食べすぎと運動不足になりがちです。
こちらでしっかりと汗をかいてさらに美味しいものを食べて
しまいましょう。

全室、ヴィラタイプのお部屋を有する「サマヤウブド」。
プライベートを重視したリゾートで贅沢な時間の使い方を
してみてください。
バリらしい風景が広がるウブドにあるサマヤウブド、
姉妹ホテルのスミニャックにある サマヤスミニャックと
2つのサマヤを楽しむというプランもおすすめです。
ご希望のお客様は、バリワールドへ是非、お問合せください。

ザ・サマヤウブドを利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/mlist.php?id=3190

バリワールドのホームページはこちら
 http://www.baliworld.net/


掲載の情報や画像は、2013年2月現在のものです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。