スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・スミニャックビーチリゾート&スパ

ザ・スミニャック・ビーチリゾート&スパ

THE SEMINYAK BEACH RESORT & SPA

ホテルロゴ

バリ島内でもっともお洒落なエリアとして注目をあびているスミニャック。
そのビーチフロントに建つ"ザ・スミニャックビーチリゾート&スパ"。
客室はスイート、ヴィラ等の多様なお部屋がラインナップされ、はじめて
バリ島を訪れる方はもちろん、バリ島に精通した旅行者のニーズにも
対応しています。

それでは、リゾート内をご紹介していきます。

エントランス
まずは、ホテルエントランスです。
綺麗に整備されたシンプルなエントランスです。

レセプション1
エントランスをすすむとレセプションエリアが広がっています。

レセプション2
こちらがレセプションです。
落ち着いた雰囲気で一組づつ座った状態で対応してくれます。

無料シャトルバススケジュール
レセプションには、こちらのスケジュールが記載されています。
これは、ホテル特典のひとつレギャン地区への無料シャトルサービスの
運行スケジュールです。1日往復4本の運行がありますので、
この無料シャトルを上手く利用してレギャン地区でショッピングや
レストランでのお食事をお楽しみ下さい。

それでは、お部屋をご紹介していきます。
リゾート内は、ガーデンウィング、ビーチウィング、スイートウィング
ヴィラというように建物が分かれています。

まずは、ガーデンウィングエリアをご紹介していきます。

ガーデンウイング客室棟1
レセプションのある建物からこちらのガーデンウィングまでは、
カートで送迎してくれます。
入口では、ガードマンが目を光らせていますので、セキュリティ面も
安心です。

ガーデンウイング客室棟2

それでは、こちらの客室棟にすすみお部屋を見ていきましょう。

ガーデンウイング客室2

ガーデンウイング客室1

ガーデンウイング客室4
お部屋の中の様子です。
お部屋は、47㎡とゆったりと充分な広さを誇ります。
シンプルな中にインテリアやフローリングの濃い茶色が映えます。
所々にバリらしい装飾もされています。


ガーデンウイング客室9
こちらは、ベッド脇にあるサイドテーブルです。
テーブルの棚部分にマルチコンセントがあります。
マルチですので日本のものをそのままご利用いただけますが、
変圧機能がありませんのでご注意ください。
ご使用予定の製品の取扱説明書にて対応電圧をあらかじめ
ご確認下さい。

マルチコンセントと照明コントロールのボタンが並んでいる上に
何があるかわかりますか?
これ、DVDプレーヤーです。DVDプレーヤーは、テレビのすぐ近くに
配されているものだとばかり思っていましたが、ここにあるんです。
日本からお気に入りのDVDを持参して是非、こちらでお楽しみ下さい。

ガーデンウイング客室3
ベッド正面には、壁掛け式のテレビがあります。

ガーデンウイング客室10
テレビの下のキャビネット内には、冷蔵庫や湯沸し器などが
収められています。

ガーデンウイング客室5
テレビが掛けられている壁面の脇、ここにもマルチコンセントが
配されていますよ。

ガーデンウイング客室7
テレビの奥のスペースには、デスクが置かれています。

ガーデンウイング客室6
デスクの上には、電話やホテル案内の他にこちらも日本より
持参したいものが置かれています。
電話の横にiPodステーションがあるんです。
お使いのiPodやiPhoneにお気に入りの音楽を入れて
是非、お持ちください。旅先のホテルでお気に入りの音楽を
聞きながらすごすことができるなんて優雅じゃないですか?

ガーデンウイング客室16
こちらは、お部屋に入ってすぐの場所にあるクローゼットです。
ガウンや傘などが備えられていますよ。

ガーデンウイング客室17
クローゼットの隣の棚には、セイフティボックスが納められています。
その隣、画像に少し写っていますが、トランクスペースです。

続いて、バスルームもご紹介します。

ガーデンウイング客室
バスルームは、ベッドスペースとの仕切りがガラス張りです。
もちろんブラインドを降ろすこともできますので、ご安心ください。
大きなバスタブには、ハンドシャワーも備えられています。
ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、ブラインドを上げて
テレビを見ながらゆっくりお風呂に浸かって疲れを癒してください。

ガーデンウイング客室15
こちらは、シャワーブースとトイレです。
シャワーブースには、水圧の優しいレインシャワーとあると嬉しい、
ハンドシャワーの両方が備えられています。

ガーデンウイング客室14
シンプルな洗面台です。
壁面には、ヘアドライヤーが備えられています。

         ガーデンウイング客室13
洗面台のシンクの隣には、アメニティやボトルケースに収められた
無料のミネラルウォーターが置かれています。

こちらのガーデンウィングには、スイミングプールもあります。

ガーデンウイング スイミングプール
デイベッドも設置され、ゆったりとおくつろぎいただけると思います。

ザ・ルーム/ガーデンウィング利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=16343


では、続いてビーチウィングもご紹介していきます。
ビーチウィングは、その名のとおりビーチの近くに広がるエリアです。

ビーチウイング ガーデンアリア1

        ビーチウイング ガーデンアリア2

ビーチウイング ガーデンアリア3

        ビーチウイング ガーデンアリア4
ビーチウィングと聞いて目の前に海がどーんと広がる風景を想像された
かもしれませんが、こちらのビーチウィングとても緑豊かなガーデンが
広がっているんです。

ビーチウイング客室棟1

        ビーチウイング客室棟3

ビーチウイング客室棟4
バリ島の強い日差しを浴びて緑濃いガーデンの中に
ビーチウィングの客室棟が佇んでいます。

こちらのビーチウィングのお部屋は、ガーデンウィングで
ご紹介させていただいたお部屋とほぼ同じつくりです。

続いて、最初にご紹介させていただいたホテルエントランスと
レセプションの建物にお部屋があるザ・スイートをご紹介します。

ザ・スイート客室棟2

ザ・スイート客室棟3
こちらがザ・スイートが入っている客室棟です。

それでは、お部屋をご紹介します。

ザ・スイート客室1
お部屋のルームナンバープレートからどことなく豪華です。

ザ・スイート客室2
お部屋の扉を開けるとアーチ状のオブジェが出迎えてくれます。

ザ・スイート客室4

ザ・スイート客室5

ザ・スイート客室9
ザ・スイートのお部屋の様子です。
お部屋の広さは、75㎡と驚きの広さ。さすがスイートです。

お部屋の写真の3枚目の写真を見ていただくとわかるのですが、
ベッド正面とソファー正面の2箇所にテレビがあります。

ザ・スイート客室10
ベッド脇のサイドテーブルです。
ガーデンウィングのお部屋と同じようにこちらもマルチコンセントと
DVDプレーヤーが配置されています。

ザ・スイート客室11
お部屋に入って左にすすんだ奥のスペース、重厚なつくりの
棚に冷蔵庫や湯沸し器などが備えられています。
冷蔵庫の中の飲物や引き出しの中のスナック類は、有料ですので
ご利用の場合には、チェックアウト時に精算をお願いします。

ザ・スイート客室13
こちらは、ウォークインタイプのクローゼットです。
クローゼット内に傘やアイロン、

ザ・スイート客室14
セイフティーボックスなどが収められています。
トランクスペースもこちらにありますので、
お部屋の中は、すっきりです。

こちらのウォークインクローゼットですが、
バスルームとつながっているんです。

ザ・スイート客室15
それぞれに入口がありますので、どちらかを通らないと
目的の場所に行けないということはありません。

それでは、バスルームもご紹介していきます。

ザ・スイート客室16

ゆったりスペースの豪華なつくりのバスルームです。

洗面台は、ダブルシンクでひとつのシンクのスペースもかなりゆったりです。

ザ・スイート客室12
シンクとシンクの間のスペースが化粧台としても使えるスペースになっています。
こちらに椅子やヘアドライヤーなどが備えられています。

ザ・スイート客室17
バスルームの窓のあるスペースには、シャワーブースと
バスタブがあります。
ガラスの扉を開けてすぐのスペースがシャワーブースです。

ザ・スイート客室18
レインシャワーとハンドシャワーが備えられています。

ザ・スイート客室19
広いタイル張りのバスタブです。

ザ・スイート客室20
バスタブからは、海を眺めることができます。

ザ・スイート客室7
お部屋のバルコニーからは、ヴィラ棟の屋根越しですが、
海をのぞむことができます。

ザ・スイート客室8
水平線が見渡せます。
お部屋も広々、設備も整い、眺めも最高でさすがスイートルームと
いった感じです。

ザ・スイート/オーシャンビュー利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=16342


続いて、ヴィラをご紹介いたします。
今回は、1ベッドルームオーシャンビューヴィラをご紹介いたします。

ヴィラOV エントランス2 ヴィラOV エントランス1
まずは、エントランスです。
画像では、わかりにくいですが茅葺屋根の堂々とした雰囲気のエントランスです。

ヴィラOV リビング
ヴィラのエントランスを抜け中へ進んでいくとリビングスペースと
その向こうに海が目に飛び込んできます。

ヴィラOV LDK
リビング、ダイニング、キッチンスペースを先ほどの画像と
反対側からみています。

ヴィラOV キッチン
キッチンスペースには、シンクやスナック類・ミネラルウォーターなどが
並べられています。シンク下の引き出しには、簡単な食器や冷蔵庫が
収められています。

ヴィラOV プライベートプール
リビングスペースから横に目を向けるとプライベートプールが
広がっています。
プールの周りには、ガゼボーやプール内にビーチベッドが
プールを囲むように配置されています。

続いてベッドルームへと進んでいきましょう。

ヴィラOV ベッドル2ーム
大きなベッドが中央に設置されたゆったりスペースが確保された
ベッドルームです。

ヴィラOV ベッドルーム2
ベッドの後ろの壁には、バリらしい彫刻が施されています。

ヴィラOV サイドテーブル2 ヴィラOV サイドテーブル1
ベッド脇のサイドテーブルです。
こちらも彫刻が施されています。
先にご紹介したお部屋と同じようにDVDプレーヤーやマルチコンセントが
配されています。

ヴィラOV 客室1
お部屋には独立した女性には嬉しい化粧台が配されています。

ヴィラOV 客室2
こちらは、クローゼットスペースです。

ヴィラOV 客室3
真ん中のトランクスペースを挟んで収納クローゼットがあります。

中には、セイフティボックスや傘などが収められています。

続いて、バスルームをご紹介します。

ヴィラOV 客室4

          ヴィラOV 客室7
ダブルシンクの大きな洗面台です。
壁面には、ヘアドライヤーが備えられています。

ヴィラOV 客室6

         ヴィラOV 客室5
浴槽内がタイル張りの大きなバスタブです。
両サイドのガラス扉を開ければ、外の空気を感じながら入浴することが
できます。

ヴィラOV プライベートプール ベッドルームから
ベッドルームからは、プライベートプール越しに海を眺めることができます。
ベッドに寝転びながらこのような景色を独占できるなんて最高です。

目の前がビーチですが、向こうからお部屋の中が見えないよう柵で囲まれており
プライベート空間がしっかりと守られていますのでご安心ください。

ザ・ヴィラ1ベッドルーム/オーシャンビュー利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=20693


それでは、リゾート内のその他の施設をご紹介していきます。

まずは、ビーチを目の前にのぞむプールからです。

スミニャック プール7

ザ・リゾートスミニャック プール3

             ザ・リゾートスミニャック プール1
プールサイドにベッドが並びプールにいながら海を感じられる空間です。

ザ・リゾートスミニャック プール6
プールの一角には、ガゼボーが並ぶスペースがあります。

続いて、ウェディングチャペルをご紹介。

ウエディングチャペル2

           ウエディングチャペル3
本格的なウェディングチャペルです。
最高のロケーションです。
空と海の青に白いウェディングドレスがキラキラと輝きそうです。
バリ島で挙式をお考えの方は候補のひとつとして是非、お考えください。

それでは、次に人気のスパ、「カヤンガンスパ」をご紹介します。

カヤンガンスパ1
まずは、スパレセプションです。
金色が配され、豪華な印象です。

カヤンガンスパ2
スパのロビースペースの中央には、バラのオブジェが皆様を
お待ちしております。
周りの壁面や天井にもバラがあしらわれています。

カヤンガンスパ3

              カヤンガンスパ4
スパ内には、ステンドグラスが印象的なバスタブや本格的な
サウナがあります。
一日の疲れをこちらでゆっくりと癒していただくことができます。

カヤンガンスパ12
トリートメントルームも充実しています。

カヤンガンスパ11
こちらは、シングルトリートメントルームです。

カヤンガンスパ5
こちらは、ツインタイプのトリートメントルームです。

カヤンガンスパ7

                 カヤンガンスパ6
ツインタイプのトリートメントルームのベッドからはインド洋の絶景が
楽しめるお部屋もあります。

カヤンガンスパ9

                カヤンガンスパ10
バスタブ付きのトリートメントルームもございます。
こちらもステンドグラスが印象的です。
窓を開ければこちらも絶景がお楽しみいただけます。

続いて、朝食のビュッフェメニューなどをご紹介します。

朝食まとめ画像
朝食は、メニュー豊富な中からお選びいただけますよ。
朝ごはんをしっかり食べて、バリ島を満喫して下さい。

朝食7

       朝食10
朝食会場のビュッフェメニューが並ぶ棚の各所に
写真のようなフードアートがあります。
アートを探しながら色々なメニューをお楽しみ下さい。

朝食会場では、お食事やアート以外にもデモンストレーションで
お客様を楽しませてくれます。

朝食デモンストレーションまとめ画像

朝食時デモンストレーション4
朝食会場の一角でヤシの葉を使った小さなカゴをつくる
デモンストレーションが行われています。
気さくなスタッフがつくっていますので、お願いすればカゴを
プレゼントしてくれるかもしれませんよ。


続いてランチメニューの一部もご紹介します。

ランチ画像まとめ
バリの伝統的な料理を楽しめます。

バリ島で今、もっともホットなエリア、スミニャック地区に建つ
落ち着いた雰囲気のザ・スミニャックビーチリゾート。
ご家族やカップル、女子旅などどんなニーズにもこたえてくれる
ホテルです。

ザ・スミニャックビーチリゾート利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/mlist.php?id=3181

バリワールドのホームページはこちら
 http://www.baliworld.net/

アジアのビーチリゾートをご紹介するアジアリゾートワールドはこちら
 http://www.asiaresortworld.com

掲載の情報は、2013年1月現在のものです。

スポンサーサイト

メリアバリヴィラ&リゾート

メリアバリヴィラ&リゾート
MELIA BALI INDONESIA

ホテルロゴ
スペイン系「ソル・メリアグループ」のアジア初となるデラックスリゾートです。
バリ島屈指の高級リゾートエリア、ヌサドゥアの美しいビーチに建ち、緑豊かな
トロピカルガーデンと大きなラグーンプールが広がります。
吹き抜けのロビーには、バリ風の天井画が描かれバリらしい風格が漂います。
メゾネットタイプのスイートは、日本人ゲストに人気が高く、ファミリー旅行
にもおすすめです。新しくできたラグーンアクセススイートは若いカップルに
人気のお部屋です。

それでは、リゾート内をご紹介させていただきます。

メリアエントランス
高級ホテルが建ち並ぶヌサドゥア地区の通りを入り
手入れがいき届いたガーデンを横目に見ながらホテル
エントランスへと向かいます。

エントランス1
通路の突き当りには、バリらしい彫刻が点在しています。

エントランス2
エントランスで取り囲むように綺麗な池が広がっています。

ホテルエントランス
こちらで車を降りホテルへと向かいます。

エントランス3
車を降り、こちらの広い通路を抜けロビー棟へと向かいます。

ロビーエリア
広いロビーエリアのソファースペースです。
気持ちいい風が吹き抜けていきますので、こちらでゆっくりくつろぎたくなります。

天井の壁画
ロビー棟の高い吹き抜けの屋根裏の部分に天井画が描かれています。
こちらは、バリの日常が描かれています。写真にあるのはほんの一部です。
実際に目にすると迫力がありますよ。

DSCN1637.jpg

            DSCN1639.jpg
ロビーの中央には、下へと続く階段がありリゾートの
ガーデンへと進むことができますよ。

レセプション
ロビーの奥には、レセプションが広がっています。

それでは、お部屋へと向かいましょう。
メリアバリには、ビルディングタイプの建物の中に入っているお部屋と
ヴィラタイプのお部屋があります。

今回は、ビルディングタイプの建物にあるお部屋をいくつかご紹介していきます。

ホテル棟
まずは、こちらの建物にあるデラックスガーデンルームをご紹介します。

ホテル棟内部
建物の中は、中央が吹き抜けになり中庭のあるとても
明るいつくりです。ビルディングタイプの建物のお部屋の入口や
廊下は、少し暗いイメージがありますが、バリ島の明るい日差しが
差込みビルディングタイプでもリゾートを感じさせてくれます。

それでは、お部屋へと向かいましょう。

DLXガーデン1

DLXガーデン2

DLXガーデン3
デラックスガーデンルームは、お部屋の広さが42㎡とゆったりとしたつくりです。
天井には、南国ムードを盛り上げてくれるファンがあります。

DLXデスク周り
ベッド正面には、テレビやデスクが備えられています。
テレビのあるチェスとの向こうに見えるのは、
トランクスペースです。

デスク端のマルチコンセント
デスク横の壁面には、マルチコンセントがあります。
こちらは、日本の電化製品をそのままご利用いただくことができますが、
変圧機能がありませんので注意が必要です。
対応電圧などは、製品の取扱説明書にてご確認ください。

ローチェスト内の冷蔵庫
ベッド正面のテレビが置かれているチェスとの開きの中に
冷蔵庫と湯沸し器などが収められています。

冷蔵庫
冷蔵庫内の飲物やスナックは、有料です。
ご利用の際は、チェックアウト時にフロントにて精算をお願いします。

DLXクローゼット
お部屋に入ってすぐの脇にはクローゼットがあります。
部屋着とスリッパが納められています。

セーフティボックス
クローゼット横の棚には、セイフティボックスが備えられています。

DLXバルコニー
お部屋には、緑豊かなガーデンを眺められるバルコニーもあります。
お部屋の中は、禁煙ですので愛煙家の方はこちらでお願いします。

続いてバスルームへとすすみましょう。

DLXバスルーム

DLX洗面台
まずは、洗面台です。
シンプルで使い勝手の良さそうなシンクです。
左端には、無料のミネラルウォーターが置かれています。
バリ島や海外に慣れている方でも生水を呑むのはやめてください。

DLXバスアメニティ
シンクの右端には、バスアメニティが渋いパッケージに収められ
並べられています。

DLXヘアドライヤー
洗面台の脇には、シェーバー用のマルチコンセントがあります。
その下の袋には、ヘアドライヤーが収められています。

DLXバスタブ
続いて、バスタブです。
常夏のバリ島でもやはり湯船に浸かって疲れを癒したいですね。

DLXシャワー
バスタブの壁面には、ハンドシャワーが備えられています。

デラックスガーデンルーム利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=17014


続いて、日本人ゲストに人気が高くファミリー旅行にもおすすめの
メゾネットタイプのデュプレックススイートルームをご紹介します。

デュプレックススイート
画像が暗くわかりにくいですが、お部屋の様子です。
こちらは、1階部分のリビングスペースです。

デュプレックススイートソファースペース
お部屋の奥には、ソファースやテーブルが置かれたリビングスペースがあります。

デュプレックススイートテレビ
ソファーの正面には、壁掛けテレビがあります。
両サイドには、デスクスペースやトランクスペースがあります。

デュプレックススイート2階への階段1

                デュプレックススイート2階への階段2
それでは、2階のベッドスペースへとすすんでいきましょう。
2階部分には、ベッドとバスルームがあります。
ホテルのお部屋の中に階段があり2階部分があるなんて、かなり贅沢な気分に
浸れます。

デュプレックススイートベッドスペース
2階のベッドスペースです。
女性憧れの天蓋付きのベッドですよ。

デュプレックススイートベッドスペース2
2階のベッドスペースにも小さめのテレビがあります。

デュプレックススイートルーム利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=17015


続いて、こちらも人気のラグーンアクセススイートルームを
ご紹介していきます。

ラグーンアクセス
こちらも画像が暗くわかりにくいですが、
お部屋に入ると手前にベッドスペース、奥にリビングスペースが
広がっています。

ラグーンアクセスベッドスペース
まずは、ベッドルームからご紹介していきます。
ベッドの向こうにガラス張りのバスルームが見えています。

ラグーンアクセステレビ
ベッド正面には、大画面のテレビが置かれています。
テレビが置かれているチェストの開きの中には、冷蔵庫が収められています。

続いて、リビングスペースへとすすんでいきましょう。

ラグーンアクセスデスク周り
大きなデスクが置かれています。

ラグーンアクセスデスク周り2
デスクの壁際にマルチコンセントがあります。
マルチですので、日本の電化製品をそのままご利用いただけますが、
変圧機能がありませんのでご注意ください。
ご使用予定の製品の取扱説明書にて対応電圧をご確認ください。

ラグーンアクセスコーヒーメーカー
デスク前の棚には、エスプレッソマシーンがあります。
カセット式のエスプレッソマシーンにて美味しいコーヒーを
お召し上がりいただけます。

ラグーンアクセスマルチコンセント
エスプレッソマシーンが置かれている棚の端、こちらにも
マルチコンセントが配されています。

ラグーンアクセスソファー
リビングスペースには、大きなデイベッドがあります。

さて、お楽しみのテラス部分へとすすみましょう。
こちらのお部屋の名前、「ラグーンアクセススイート」。
ラグーンとは、プールのことをいいます。
そうです、こちらのお部屋は、お部屋のテラスからそのまま
プールへと入ることが出来てしまうんです。

ラグーンアクセス1

ラグーンアクセス2
お部屋のテラスの向こうがすぐプール!
テラスのデイベッドでくつろぎながら暑くなったらプールへどぼん。
こちらのプールを巡っていけば、広いプールスペースにいけます。
ホテルのコリドー以外にこちらのお部屋にはプールが廊下に
なっているようなスタイルですね。

ラグーンアクセススイート利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=17017


それでは、リゾート内のその他の施設もご紹介していきます。

プール1

       プール2
まずは、プールです。
先ほどのラグーンアクセスルームからプールを通ってこちらのスペースに
くることができますよ。

YHIスパ
続いては、人気のスパ「YHI SPA」です。

スパレセプション
まずは、スパレセプション。
人気のスパですので、なるべくお早めにご予約を入れていただくのを
おすすめさせていただきます。

YHIスパ2
こちらは、オープンエリアのフットマッサージスペースです。
リゾート内の緑の中を吹き抜けてくる気持ちいい風を感じながら
リラックスタイムをお過ごしください。

スパ内ガゼボー
茅葺屋根のガゼボーもあります。
こちらでマッサージなどを受けていただくこともできますよ。

ツイントリートメントルーム
スパ内のツインタイプのトリートメントルームです。

広いリゾート内には、レストランも充実しています。

EL PATIO
24時間営業の「EL PATIO」

SATERIA.jpg
海沿いのレストラン「Sateria Beachside Restaurant」

sakura.jpg
人気の日本食レストラン「SAKURA」

その他にもロビーラウンジなど色々なタイプのレストランや
バーが充実しています。


お友達との女子旅やカップル、ファミリーなど皆様に
おすすめのホテルです。
バリ島のヌサドゥア地区の大型リゾートホテル、
バリらしい雰囲気をお楽しみいただけます。

メリアバリリゾートをご利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/mlist.php?id=1249

バリワールドのトップページはこちら
 http://www.baliworld.net/

アジアのビーチリゾート専門サイトアジアリゾートワールドはこちら
 http://www.asiaresortworld.com

掲載の情報は、2012年12月現在のものです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。