スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・アマラ

ザ・アマラ
THE AMALA

ホテルエントランス
バリの中でもエキサイティングな街、スミニャックの中心に
位置するキュートで親密さにあふれたリゾートです。
リゾートから一歩外に出ると、徒歩圏内にショッピングを
楽しむことができるエリアが広がり、おしゃれなカフェや
ナイトライフを満喫することもできます。
ザ・アマラは、お客様のご到着からすべてのご要望にお答え
できるよう細かな気配りでサポートしてくれます。

それでは、リゾート内をご案内させていただきます。

クエンティ通りから竹のトンネルのような小道を抜け
リゾート内へと進んでいきます。

アマラロビー棟
小道の突き当たりに見えてきた右側の建物がロビー棟です。

この先にデイユースのスパスタジオを含め全14棟のヴィラや
スパが続いています。

レセプション
ロビー棟内のレセプショエリアです。

ロビースペース
レセプションの奥にソファースペースが広がっています。
宿泊に関することだけではなく、様々なことを親切に
教えてくれたりします。

それでは、手入れの行き届いたガーデンを眺めながら
綺麗な水辺を抜け、ヴィラへと向かいましょう。

ヴィラへの道

ヴィラ案内

まず、ご紹介させていただくのは、広さ200㎡の
1ベッドルームプールヴィラをご紹介させていただきます。

プールヴィラ入口
こちらの入口を通りヴィラ内へと進んでいきましょう。

プールヴィラリビングスペース
ヴィラに進みまず目に飛び込んでくるのは、
オープンエアーのリビングスペースです。

ヴィラ内プール
リビングエリアの目の前には、プールヴィラということだけあって
6mx3mのプールがあります。
プールの水が緑っぽく見えるのは、定期的に水のトリートメントを
行っているためです。時間が経てば透明な水に戻ります。
雨季の時期は、水が汚れるのが早いのでトリートメントの間隔も
短くなるそうですよ。

ヴィラ内キッチンスペース
リビングスペースの隣には、キッチンがあります。
こちらには、ティーセットなどが置かれています。

ウォーターサーバー
奥の棚には、ウォーターサーバーが収められています。
暑いバリ島、水分補給はこまめにしてください。

それでは、リビングスペースの奥の扉から
ベッドルームへ進んでいきましょう。

プールヴィラ室内1

プールヴィラ室内2

プールヴィラ室内3
ベッドルームもゆったり広々しています。

プールへと続く窓は、フルオープンすることができ
気持ちいい風が吹き込んできます。
リビングスペースにもテレビがありましたが、
もちろんベッドルームにもテレビが置かれています。

ヴィラ内プール2
ベッドルームのはき出しの窓からのプールの眺めです。
プールサイドにベッドも置かれていますので、
日光浴などをお楽しみいただきながらのんびりとした
時間を過ごしていただけます。
日焼けのし過ぎにはご注意ください。

続いて、バスルームへと進みましょう。

プールヴィラバスルーム
大きなバスタブを中心に広いスペースのバスルームです。

プールヴィラ洗面台
洗面台は、ダブルシンクのゆったりとしたものです。
お二人で並んで使用しても広々です。

プールヴィラ洗面台アメニティ

プールヴィラ洗面台ヘアドライヤー
洗面台の中央には、ハンドタオルなどが置かれ、
その下の引き出しの中には、ヘアドライヤーと
アメニティグッズが収められています。

プールヴィラシャワーブース
洗面台の隣は、シャワーブースです。
水圧の優しいレインシャワーとハンドシャワーが
備え付けられています。

シャワーブースのアメニティ
後ろを振り向くとシャンプーやボディソープの
かわいいボトルが置かれています。

プールヴィラバスタブ
バスルーム中央のバスタブは、ゆったりと大きなものです。
常夏のバリ島でもやはり、ゆっくり湯船に浸かってリラックス
したいですね。

プールヴィラバスアメニティ
バスタブの脇には、ボックス内にバスアメニティが
綺麗に収められています。

プールヴィラ クローゼット
バスルーム内には、大きなクローゼットもあります。
クローゼット内には、ガウン、セイフティボックス、スリッパ
などが備えられています。
自然を大切にしていリゾートで温暖なバリ島ということもあり
ある程度、虫はやっぱりいます。多少の虫は備え付けの殺虫剤で
やっつけて下さい。
あまりにお部屋の中やリビングスペースに虫が多い場合は、
ホテルにお願いしてやっつけてもらいましょう。

セイフティボックスの下のバックは、リゾート内でプールや
レストランに行く際にご利用いただけます。

では、続いて人気のスパヴィラをご紹介します。

スパヴィラへの道
こちらの綺麗に整備された小道を抜けスパヴィラへと向かいます。

スパヴィラ入口
それでは、こちらの入口より広さ120㎡のスパヴィラ内へと
すすみましょう。

スパヴィラ内1
こちらは、スパヴィラに入ったプールの向いから入口側を
見ている画像です。
スパヴィラにも3mx2.5mのウッドデッキに囲まれたプールがあります。
籐でつくられたプールベッドやテーブルセットがあります。

スパヴィラ洗面台
ヴィラに入ってすぐの場所には、洗面台があります。
ヘアドライヤーやバスアメニティもしっかり備えられています。

スパヴィラバスタブ
プールの脇には、バスタブがあります。

スパヴィラシャワーブース
洗面台脇のシャワーブースです。
レインシャーとハンドシャワーが備えられています。

シャワーブース内にある棚のようなものがあります。
これ、ベンチなんです。
ベンチに座ってゆっくりシャワーを…
いやいや違います。
実は、このシャワーブース、スチームサウナになるんです。

では、ベッドルームへ進みましょう。

スパヴィラベッドルーム
女性憧れの天蓋付きのベッドが置かれています。
天井では、南国ムード満点のファンが回っています。

スパヴィラサイドテーブル
ベッド脇のサイドテーブルに置かれているデジタル時計のようなもの
なんだかおわかりになりますか?
こちら、iPHONEステーションなんです。
iPHONEをお持ちの方でこちらのスパヴィラをご利用になる方は、
是非、お気に入りの曲を入れていきのんびりしながら音楽鑑賞を
お楽しみください。

スパヴィラテレビ
ベッドの横には、テレビとDVDプレーヤーが置かれています。
DVDも日本から是非、お気に入りのものを何枚かご持参いただき
お楽しみください。

スパヴィラテレビ下のマルチコンセント
テレビが置かれている棚の下にマルチコンセントがあります。
マルチですので、日本のものをそのままご利用いただけますが、
変圧機能がありませんのでご注意下さい。
対応電圧が製品により違うと思いますので、使用予定の製品の
取扱説明書にてあらかじめご確認下さい。

スパヴィラクローセット
ベッドスペースの奥にはクローゼットがあります。

スパヴィラセイフティボックス
クローゼットの上段には、セイフティボックスが収められています。

クローゼットの向こうに見える扉は、トイレへの扉です。

オープンエアーの部分にバスタブがあったり洗面台が
あったりとスパヴィラ内のすべてがひとつのお部屋に
なっているような感覚のヴィラです。

続いて、リゾート内のその他の施設もご紹介していきます。

まずは、リゾートのほぼ中央に位置する人気のスパ、
『The Spa』です。
営業時間は、10時から22時です。

スパレセプション
こちらは、スパのレセプションです。

フットスパスペース
レセプション隣のこちらのスペースでは、フットマッサージなどを
受けていただけます。

トリートメントルーム
こちらは、カップルやお友達同士でご利用いただける
ツインタイプのトリートメントルームです。

スパ シャワースペース

             スパ バスタブ
トリートメントルームのオープンエアスペースには、
シャワーや大きな岩をくりぬいて作られたバスタブが
あります。

続いて、プールをご紹介します。

プール1

      プール2
お部屋のプールよりも大きなこちらのプールで
のんびり過ごしていただくのもおすすめですよ。

入口のロビー棟の向かいの建物の2階部分には、
大きなスタジオがあります。

スタジオ入口

スタジオ
こちらでは、ヨガなどをお楽しみいただくことができますよ。

メインプールサイドには、ダイニング『バンブー・レストラン』が
あります。こちらのレストランで提供する創作料理は、健康哲学に
基づいたもので、デトックス、ビタミンやミネラル補給のため
なるべく有機食材やローフードを使用しています。

ご夫婦やカップルにおすすめのこちらのホテル。
ホテルのコンセプトとして、カップルがカップルらしいひと時を
お過ごしいただけるよう12歳未満のお子様の滞在をお断りして
おります。
是非、こちらの「THE AMALA」でお二人の特別なお時間を
お過ごしください。

こちらのホテル利用のツアーはこちら
 http://data.baliworld.net/mlist.php?id=2019

バリワールドホームページはこちら
 http://www.baliworld.net/

アジアのビーチリゾートをご紹介するアジアリゾートワールドはこちら
 http://www.asiaresortworld.com

記載の情報は、2012年12月現在のものです。

スポンサーサイト

ペルティウィリゾート&スパ

ペルティウィリゾート&スパ
PERTIWI RESORT & SPA

ホテルエントランス

ペルティウィ・リゾート&スパは、ウブド散策やショッピング、
お食事に便利なウブドの中心、モンキーフォレスト通りにある
リゾートです。賑やかな通りから敷地内に足を踏み入れると
静かなバリの村に暮らすような空間が広がります。
大地という意味をもつペルティウィは、リピーターをはじめ
ウブド初心者の方にも休暇を楽しむのにぴったりのリゾートです。

それでは、リゾートをご紹介していきます。

モンキーフォレスト通りの白地に緑のリゾートの看板から
門を抜けた駐車場の奥にリゾートが広がっています。

ホテル駐車場
写真を写している私のすぐ後ろモンキーフォレスト通りは、
車やバイク、人が行き交い賑わっています。
この門の向こうには、静かな別世界が広がっています。

ロビー棟
駐車場の車の向こう、茅葺屋根の建物がロビー棟です。

レセプション
こちらは、ロビー棟内のレセプションです。
大型リゾートのそれとは違う、アットホームな雰囲気で
迎えてくれます。

ソファースペース
レセプション前には、小さいですが、ソファースペースがあります。

ラウンジ1
           
             ラウンジ2
ロビー棟内の奥には、ラウンジのようなスペースがあります。
バリワールドにてこちらのホテルをご利用のお客様には、
ウェルカムドリンクがホテル特典として付いております。
到着時、こちらのスペースでドリンクをお楽しみください。

それでは、緑豊かなトロピカルガーデンを抜け、
お部屋へと向かいましょう。

スーパーDLX 外観
まずは、スーパーデラックスルームをご紹介します。

上の画像の真ん中に見える扉がお部屋への入口です。

テラススペース
お部屋への入口の手前は、テラススペースになっていて
ソファーセットが置かれています。
お部屋内は、禁煙ですので愛煙家の方はこちらでお願いします。

テラススペース2
ソファーセットの反対側には、こちらの棚のような
ものが置かれています。
こちら傘たてではありませんよ。
プールで遊んだ後の水着やタオルを干しておく
物干しです。
やはり外の空気にあて乾かしたいですよね。

では、お部屋の中へ進んでいきましょう。

スーパーDLX客室1

スーパーDLX客室2
お部屋は、広さ28㎡、白を基調にした中に
シンプルなインテリアが並んでいます。

サイドテーブル1 サイドテーブル2
ベッド脇のサイドテーブルです。

デスク周り
ベッド正面には、デスクと一体になった台にテレビが置かれています。
その横には、トランクスペースが用意されています。

サイドテーブルやデスク周りは、濃い茶色でシンプルなデザインです。
白いお部屋の中にインテリアの濃い茶色がアクセントになっています。

湯沸かし器と冷蔵庫
お部屋の奥にあるつくり付けの棚には、湯沸し器と
ティーセット、ミネラルウォーターなどが置かれています。

その下の開きの中に冷蔵庫が収められています。

湯沸し器などが置かれた棚のそばには、
クローゼットがあります。

クローゼット
クローゼット内には、セイフティーボックスとスリッパが
備えられています。

では、バスルームへと向かいましょう。

バスルーム
こちらもお部屋同様、シンプルなつくりです。

アメニティ1 アメニティ2
洗面台の上には、アメニティグッズが並べられています。

シンクの下の棚の両サイドには、左側にはタオル関係が、
右側には、ヘアドライヤーや香取マットが備えられています。

スーパーデラックスルーム利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=20768


では、続いてデラックスルームをご紹介します。

DLX外観
こちらは、デラックスルームが入っている建物の外観です。
茅葺屋根が印象的で、バリらしいというかウブドらしい建物です。

DLX入口
こちらも入口脇にテラススペースがあるつくりです。
2階のお部屋は、バルコニーが設けられています。

DLXテラス
こちらのお部屋もやはり禁煙ですので、
愛煙家の方は、こちらでお願いします。

では、お部屋の中へと進みましょう。

DLX扉
この南京錠の付いている扉、なんだと思いますか?

そうなんです、こちらお部屋への扉なんです。
ホテルのお部屋への扉らしくないこちら、
なんだかお部屋ではなく、大きな蔵に入るような
気分になります。
カードキーなどが主流の現在、こういった鍵も
趣があっていいですね。

DLX客室1

DLX客室3

DLX客室2
デラックスルームも白を基調としたお部屋です。
こちらのデラックスルームの方が先ほどのスーパーデラックスルームよりも
濃い茶色のインテリアが並んでいます。

先ほどのスーパーデラックスルームと使われている家具の種類が
少し違いますが、配置はほとんど同じで、ベッド正面にテレビが
あります。
その隣にトランクスペースがありさらにとなりにデスクが置かれています。

DLX デスク周り
デスクの前の壁面には、大きな鏡が備えられていますので、
化粧台としてもご利用いただけます。

DLX湯沸かし器

          DLX クローゼット
お部屋の置くの棚は、湯沸し器や冷蔵庫、クローゼット内には、
セイフティボックスなどが置かれています。
バスルームのシンク下に棚がありませんので、タオルやヘアドライヤーは、
こちらのクローゼットの中に備えられています。

DLXバスルーム2

     DLXバスルーム1
デラックスルームのバスルームもシンプルです。
シンクやバスタブもホントにシンプルなものです。

デラックスルーム利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=18042


それでは、ホテル内のその他の施設もご紹介します。

まずは、プールです。
プールは、2つありヴィラがあるスペースに1つと
レストラン脇に1つあります。

レストラン脇のプール レストラン脇のプール。

ヴィラスペースのプール。ヴィラスペースのプール

リゾート内には、人気のスパ施設、
「ベジ・スパ」
営業時間:午前9時から午後8時
があります。

グリーンハウスレストラン
レストランも2箇所あります。

オーガニック料理を提供してくれる
「グリーンハウスレストラン」

プールの隣にある
「パディ プールサイドレストラン」
があります。


ウブドの中心、モンキーフォレスト通り沿いに位置する
「ペルティウィ リゾート&スパ」
ご夫婦やカップル、ショッピングやウブドの雰囲気を
満喫する女子旅でのご利用におすすめのホテルです。


ペルティウィリゾート&スパ利用のツアーはこちら
 http://data.baliworld.net/mlist.php?id=1998

ウブドをはじめ、バリ島のツアー満載の
   バリワールドのホームページはこちら
  http://www.baliworld.net/


記載の情報は、2012年12月現在のものです。

バリマンディラビーチリゾート&スパ

バリマンディラビーチリゾート&スパ
bali Mandira BEACH RESORT & SPA

ホテルロゴ

おしゃれなショップ、伝統的なアートマーケット、レストラン、クラブ、
マリンスポーツなどで有名なクタ・レギャンから徒歩圏内に位置する
ホテルです。
バリの伝統を取り入れながら近代的な施設を整えたホテルであり、
目の前には海をのぞみます。
広々とした庭、白い砂浜のビーチ、目の前に広がるオーシャンビューなど
美しい環境に恵まれています。

それでは、美しいリゾートをご紹介していきます。

ホテルエントランス
まずは、ホテルエントランスです。
取材当時の天候があまりにもよく影になってしまっていますが、
ホテルの写真で見ますと、

ホテル外観
バリらしいオブジェが並ぶ美しいエントランスです。

それでは、美しいガーデンを抜け、お部屋へと向かいましょう。

客室棟外観
まずは、ビルディングタイプの客室棟にある広さ34㎡の
スーペリアルームをご紹介いたします。

スーペリア1

スーペリア2

スーペリア3

スーペリアルームは、キングサイズベッド或いはツインベッドタイプの
お部屋がございます。コネクティングルームが多くありますので、
ご家族やグループでのご利用にも最適です。

サイドテーブル
ベッド脇のサイドテーブルです。

マルチコンセント
壁面には、マルチコンセントが配されています。
マルチコンセントですので日本のものもそのまま
ご利用いただけますが、変圧機能がありませんので
ご注意ください。
製品により対応電圧が異なりますので、ご利用予定の
製品の取扱説明書にてご確認ください。

デスク周り
ベッド正面には、テレビとデスク、トランクスペースがあります。

テレビ裏のマルチコンセント
テレビ裏にもマルチコンセントが配されています。

ベッド横のソファースペース
ベッド横にソファーセットが置かれています。

湯沸かし器とティーセット
お部屋に入ってすぐの棚には、湯沸し器とティーセットが
備えられています。
冷蔵庫
棚の下部の開きには、冷蔵庫が収められています。

クローゼット1
冷蔵庫が収めされている棚の隣には、クローゼットがあります。

クローゼット2
クローゼット内には、セイフティボックスと
引き出しにはヘアドライヤーが備えられています。

バルコニー1
スーペリアルームのほとんどのお部屋にバルコニーがあります。

バルコニー2
お部屋の中は、禁煙です。
愛煙家の方は、こちらでお願いします。

続いて、バスルームをご紹介いたします。

洗面台
まずは、洗面台です。
シンプルな使い勝手の良さそうなものです。

アメニティ ミネラルウォーター
洗面台の上には、アメニティと無料のミネラルウォーターが
配されています。
ミネラルウォーターは、毎日お部屋に2本づつ置かれますよ。

洗面台脇のマルチコンセント
洗面台脇の壁面にもマルチコンセントがあります。

お部屋の各所にマルチコンセントがあり、とてもありがたいです。
こんなにいらないよと思われるかもしれませんが、
デジカメや携帯電話の充電を同時にできるのは、
ほんとにありがたいですよ。

バスタブ
シャワーカーテンの下には、バスタブがあります。

壁面固定式のシャワー
バスタブの上には、壁面固定式のシャワーがあります。
常夏のバリ島に行ってもなんとなく疲れをとるためにも
しっかりと湯船に浸かりたいですよね。

スーペリアルーム利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=16294


続いて、緑豊かなガーデンに佇むコテージの1階部分の
デラックスコテージをご紹介します。

こちらのお部屋は、バリニーズスタイルで統一されたお部屋です。
入口からしてバリらしさ満点です。

デラックスコテージ入口

入口脇のテラス
お部屋への入口の脇がテラスで、テーブルセットが置かれています。

入口脇のテラス2
こちらのお部屋も室内は、禁煙ですので、
愛煙家の方はこちらでお願いします。

デラックスコテージ1

デラックスコテージ2
大きな窓があり明るい日差しが差し込むお部屋です。
デッド正面のテレビの下には、DVDプレーヤーが備えられています。

DVDプレイヤー
是非、日本からお気に入りのDVDをご持参ください。
旅先のホテルのお部屋でお気に入りのDVDを鑑賞するなんて
贅沢な時間の過ごし方ですよね。

サイドテーブル1 サイドテーブル2
サイドテーブルに置かれているランプです。
こちらのランプ、細かい細工が施されています。
さらにその奥の壁をよーくご覧ください。
こちらもすごく細かい細工が施されていますよ。

クローゼット
お部屋に入ってすぐの場所には、クローゼットがあります。
セイフティボックス、スリッパ、ガウンなどが備えられています。

続いて、バスルームのご紹介です。

バスルーム DLX
太陽の光が燦々と注ぎ込む明るいバスルーム、
こちら明るいはずで半オープンエアーなんです。

シャワースペース
オープンエアー部分には、シャワースペースがあります。
装飾の施された壁面にレインシャワーがあります。
壁の横には、ハンドシャワーも配置されています。

バスタブ DLX
インドア部分の洗面台の隣には、バスタブとトイレがあります。
こちらのバスタブにもハンドシャワーが備えられています。

こちらのお部屋にもマルチコンセントが至るところに
ありますので便利です。

デラックスコテージ利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=16295


続いて、94㎡の広さを誇る、プールヴィラをご紹介します。

プールヴィラ入口
入口から中が少し伺えますが、「ヴィラ」楽しみです。

プールヴィラというだけあってやはりヴィラに入ってすぐ目に
飛び込んでくるのは、プールです。
プールヴィラプール
プールサイドには、ウッドデッキがあります。
プライベート空間がしっかりと確保されていますから、
こちらでのんびりとしたお時間を過ごされてはいかがでしょう。
日差しが強いバリ、日焼けのし過ぎにはご注意ください。

オープンエアーのリビングスペース
ヴィラに入ったプールの手前には、半オープンエアーの
リビングスペースがあります。
やはり愛煙家の方はこちらでお願いします。

では、ベッドルームへと向かいましょう。

ヴィラベッドルーム
お部屋の2面がガラス張りというこもありより広く感じるお部屋です。

ヴィラベッドルーム2
お部屋のインテリアは、シンプルな中にもどこかバリらしさを
感じさせてくっれるものが使われています。

ヴィラ サイドテーブル
ベッド脇のサイドテーブルです。
ランプの手前にあるデジタル時計に見えるものですが、
こちらアイフォンステーションです。
アイフォンに入っているお気に入りの音楽を聴きながら
外のプールでのんびりとした時間を過ごすなんて
良くありませんか??
そんな時間を私も過ごしてみたいです。

ソファースペース
お部屋の一番奥には、ソファースペースがあります。

ヴィラ テレビ
お部屋のコーナーの天井からは、テレビが付けられています。

ヴィラ デスク周り
ベッドルームに入ってすぐの場所には、濃い色使いで
まとめらてデスクとトランクスペースがあります。
デスクの上に置かれているランプの奥の壁面に注目してください。

ヴィラ マルチコンセント
こちらに2個口、マルチコンセントが配されています。

続いて、バスルームをご紹介します。

ヴィラ シャワーブース
ガラスで仕切られたシャワーブースです。

ヴィラ シャワーブース2
水圧の優しいレインシャワーがあります。
ガラスで仕切られていますので、お湯がバスルーム内に
飛び散る心配がありません。

ヴィラ バスタブ
もちろんバスタブもあります。
画像では、わかりにくいですが、バスタブへの蛇口の横に
ハンドシャワーも備えられています。

バスタブの奥の扉は何だ というような声が聞こえてきそうですが、
ここの扉を開ければプールを眺めながらお風呂でくつろぐ事も
可能ですし、プールで一遊びしたあとベッドルームを通ることなく
シャワーブースに直行できるです。

ヴィラ バスルーム2


それでは、続いてリゾート内のその他の施設をご紹介します。

まずは、人気のスパ「グロースパ」です。

スパエントランス
午前9時~午後9時までの営業です。
人気の施設ですので、事前の予約をおすすめさせていただきます。

スパレセプション
スパのレセプションです。

レセプション前のレセプション
レセプションの脇には、仏像をモチーフにした
こんなオブジェがあります。

プロダクト販売コーナー
レセプション脇では、スパで使用するプロダクトを
販売しているコーナーがあります。
スパトリートメントで使用しているもので気に入ったものが
あればお買い求めいだけますよ。

トリートメントルーム
VIPカップルルームです。

バスタブ スパ
お部屋の奥には、バスタブがあります。

ガゼボー
さらに奥のオープンテラスには、トリートメントの合間や
終わったあとにおくつろぎいただけるガゼボーがあります。

続いて、プールをご紹介します。

インフィニティプール
まずは、スパ施設の上にあるインフィニティープールです。
ジャグジーも併設されております。

代替プール1

        代替プール2

メインプールですが、2012年11月15日から6ヶ月間の予定で
改装工事に入っています。
その間の代替プールとして作られた、木のぬくもりを感じる
ウッドデッキで囲まれたプールです。

代替キッズプール
キッズプールも併設されておりますので、小さなお子様連れの
方でも安心して遊んでいただけます。

続いてレストランをご紹介!

チェラギレストラン
午前7時から午後11時まで営業の人気の「Celagi Restaurant」
毎週土曜日には、バリの伝統ダンスがお楽しみいただける
インドネシアンバーベキューナイトが開催されています。

その他にもオーシャンフロントのカジュアルレストラン、
「パラソルレストラン」。

「バロンバー&サンセットテラス」。
「スリングクラブラウンジ」などもあります。

レギャンビーチが目の前に広がり、バリ島の中心地ともいえる
クタ・レギャン地区のスポットへもほど近い場所に位置する
バリマンディラビーチリゾート&スパ

ご夫婦やカップルをはじめ、ファミリー、女子旅と
あらゆるニーズにこたえてくれるホテルです。

是非、ご利用ください。

バリマンディラ利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/mlist.php?id=1225

バリワールドのホームページはこちら
 http://www.baliworld.net/

アジアのビーチリゾートを紹介するアジアリゾートワールドはこちら
 http://www.asiaresortworld.com


掲載の情報は、2012年12月現在のものです。

ハリスリゾートクタ

ハリスリゾートクタ
HARRIS RESORT Kuta Beach Bali

ハリスエンブレム

クタビーチ沿いのバンタイ・クタ通りにあるホテルゲートから
徒歩2~3分、サーファーやカップル、ファミリーに人気のホテルです。
2012年6月にオープンした約200店舗のブティックやレストランなどの
テナントが入る巨大ショッピングモール、ビーチウォークに隣接しており
通りにでることなく敷地内から直接アクセス可能という大変便利な場所に
位置しています。
ホテル内は、テーマカラーのオレンジとグリーンでまとめられたかわいらしい
デザインで、客室もテーマカラーでシンプルにまとめらています。

それでは、ホテルをご紹介していきます。

エントランス
まずは、ホテルエントランスです。
クタビーチの中心地に位置するホテルですが、バンタイ・クタ通りから
少し奥まった場所に建物がありますので、表の喧騒も少し和らいでいます。

ビーチウォーク
エントランスからは、今話題のビーチウォークがすぐそこに
見えます。手前の柱は、ビーチウォークの駐車場のものです。
ハリスリゾートからこちらを抜けて直接ビーチウォークに
アクセスできます。ビーチウォークで沢山のお土産などを
買った場合にも一度、お部屋に買ったものを置きに戻り、
さらにお買い物なんてこともできますね。

ホテルロビーのオブジェ
取材に訪れたのが、12月ということもあり、ホテルロビーでは、
サンタクロースがお出迎えです。
バリ島のサンタクロースは、そりに乗ってくるのではなく、
サーフボードに乗ってやってくるんですね。

ホテルの車
ホテルエントランス横に止まっているホテルの車です。
こちらの車もテーマカラーのオレンジとグリーン。
ホテル前に止まっているとあまり違和感がないのですが、
街中でこの車を見かけると、そのド派手さにびっくりします。

ホテルレセプション
ロビーの奥にレセプションがあります。

ホテルエレベーター
それでは、可愛らしい絵が描かれたエレベーターを利用し、
お部屋へと向かいましょう。

まずは、お部屋の広さ26.3㎡のスタンダードルームをご紹介します。

スタンダード1

スタンダード2
シンプルなすっきりとしたお部屋です。
要所要所にホテルのテーマカラーであるオレンジとグリーンが
使用されています。

サイドテーブルとスリッパ
ベッドの間には、写真では少しわかりにくいですが、
足の形をしたサンダルが置かれています。

ベッド正面のデスクなど
ベッド正面には、デスクやテレビ、トランクスペースが配されています。

鏡脇のマルチコンセント
デスクにある鏡の脇には、マルチコンセントがあります。
マルチですので、日本のものもそのまま使用できますが、
変圧機能がありませんのでご注意ください。
製品により対応電圧がことなりますので、使用予定の製品の
取扱説明書にて確認をお願いします。

湯沸かし器とティーセット
お部屋の入口脇の棚に湯沸し器とティーセットが備えられています。

冷蔵庫
棚の下の開きには、冷蔵庫が収められています。
冷蔵庫の中の飲物は、有料ですのでご使用の場合には、
チェックアウトの際、精算をお願いします。

棚に栓抜き
こちらの棚にこのような突起物がつけられていますが、
なんだかお分かりになりますか?

こちら栓抜きなんです。
この栓抜きですが、お部屋におかれている無料のミネラルウォーターが
瓶に入っているものですのでどうしても必要になるんです。

クローゼット
先ほどの棚の隣には、クローゼットがあります。
中には、セイフティボックスが備えられています。

壁のエアコンコントロール
お部屋の壁には、エアコンのコントロールパネルがあります。

続いて、バスルームもご紹介します。

バスルーム

洗面台
洗面台もシンプルに必要なものが整然とならべられています。
左側にミネラルウォーターが置かれています。
こちらの瓶を開けるのに先ほどの栓抜きが活躍します。

アメニティグッズ
洗面台右側のこちらには、アメニティが置かれています。
壁面には、マルチコンセントが2口用意されています。
それぞれで対応電圧が違いますのでご注意ください。

ヘアドライヤー
マルチコンセントの上の壁面には、ヘアドライヤーが
備えられています。

バスタブ
壁面固定式のシャワーとバスタブです。

スタンダードルーム利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=16288


続いて、ナチュラルな色使いの中にオレンジが際立つ

ハリスルームをご紹介します。

ハリスルーム1

ハリスルーム2
こちらもシンプルなインテリアを使用したお部屋です。
お部屋の広さは、26.3㎡とスタンダードルームと同じですが、
インテリアに違いがあります。

ハリスルーム3
ハリスルームのデスク周りは、鮮やかなオレンジ色を使用した
よりシンプルなデザインです。

ハリスマルチコンセント
こちらのお部屋もデスク前の壁面にマルチコンセントがあります。

ソファースペース
ベッド脇には、座り心地良さそうなソファーが置かれています。

デイベッドスペース
ソファースペースの正面には、同じデザインのデイベッドも
置かれていますよ。

ハリスクローゼット ハリス冷蔵庫スペース
お部屋の入口脇のウォークインスペースには、クローゼットと
冷蔵庫、湯沸し器などが収められています。
もちろんセイフティボックスもあります。

ハリス洗面台
バスルームは、スタンダードルームとつくり自体は、同じですが、
使われているシンクなどが少し違います。
洗面台のシンクは、よりモダンなタイプが使われています。

ハリスバスタブ
バスタブは、スタンダードルームと同じですが、
こちらは、ハンドシャワーが使われています。

スタンダードルームとハリスルーム、ハリスルームの方が
よりシンプルなつくりですね。
ホテルの名前を使っているハリスルームがやはりおすすめですよ。

ハリスルーム利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=16289


続いてホテル内の施設をご紹介していきます。

まずは、プールです。

プール
クタのど真ん中にあることを忘れてしまいそうな大きなプールです。

キッズプール
こちらは、小さなお子様連れのファミリーにうれしいキッズプールです。

続いては、人気のスパ、「H’Spa」です。

HSpa.jpg

スパエントランス
プール脇にあるこちらのエントランスより進んでいきましょう。

スパレセプション
スパのレセプションです。
豊富なトリートメントメニューからご希望のコースをお選びいただけます。

フットマッサージスペース
こちらは、フットマッサージスペースです。
ショッピングや観光で棒のようになった足もこちらで
マッサージを受ければ翌日からも旅を満喫できるはずです。

シングルルーム

              シングルルームジャグジー
シングルトリートメントルームです。
お部屋の奥には、バスタブやシャワースペースがあります。

ツインルーム
お友達同士やカップルで利用可能なツインルームもあります。

続いて、ファミリーには嬉しい、キッズルームをご紹介。

キッズクラブ

キッズクラブ2
キッズクラブスタッフがしっかりとお子様を見てくれますので、
安心してお子様をお預けいただけると思います。
お母さんは、その間にスパをお父さんは、プールやビーチで
お酒でも飲みながら少しのんびりされてはいかがでしょうか。

続いて、レストランをご紹介します。

restaurant.jpg
1階のロビー隣にある「HARRIS Cafe」です。

レストランメニュー
ビュッフェスタイルでメニュー豊富なお食事を用意してくれています。


デイユーススペース
こちらは、デイユーススペースです。
ご出発の日、チェックアウト後でもこちらのスペースは、
無料でご利用いただけます。
最終日もショッピングなどお楽しみいただき、こちらで空港への迎えが
くるまでゆっくりとお過ごしいただけます。

クタの中心地、ショッピングや観光にもとても便利な場所に位置する
ハリスリゾートクタホテル。
バリ島を満喫する拠点しては、最適なホテルだと思います。
様々な客層に指示されているホテルです。


ハリスリゾートクタ利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/mlist.php?id=1223

バリワールドのホームページはこちら
 http://www.baliworld.net/

アジアのビーチリゾートをご紹介するアジアリゾートワールドはこちら
 http://www.asiaresortworld.com

掲載の情報は、2012年12月現在のものです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。