スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロイヤルアンバルクモジョグジャカルタ

ロイヤルアンバルクモジョグジャカルタ

ホテルロゴ

知る人ぞ知る「旧アンバルクモパレスホテル」。
ホテルの運営は、バリ島のサンティカビーチやザ・サマヤを運営する
サンティカにかわり、2011年モダンで豪華なホテルに生まれ変わりました。
通常のお部屋はシャワーのみですが客室は40㎡と広く、
ショッピングモールが隣接しています。
空港にもほど近くとても便利な立地です。

では、ホテルをご紹介していきます。

ホテル外観
近代的な建物となっており、
ホテル周辺や敷地内は、とても緑豊かです。

ホテル外観2
こちらは、ホテル敷地内のプール側からの外観となります。
正面からだとわかりにくいですが、建物がL字型になって
いるのがこちらからだとわかります。
かなり大きなホテルですね。

それでは、中央に大きな花が出迎えてくれる
エントランスを通り、ホテル内へと入っていきます。
ホテルエントランス

ロビータイル画1

ロビータイル画2
ロビーに入るとひときわ目をひくのがこちらのタイル画です。
こちらは、旧アンバルクモパレスホテルから引き継がれています。
写真では伝わりにくいかもしれませんが、かなり巨大なタイル画です。

レセプション
こちらは、レセプションです。

ホテルロビー
こちらは、ロビーです。
すわり心地の良いソファーでお部屋ではなく
ここでくつろいぎたくなってしまいます。


続いてお部屋をご紹介します。
今回は、デラックスルームをご案内いたします。
客室ドア
客室入口の鍵は、カードタッチ式となっています。
カードキーの差込み口を捜してしまいますが、
タッチで大丈夫です。

客室
お部屋の内部です。
シンプルモダンでお洒落な印象を受けます。
クイーンサイズのベッドが設置されています。

客室バルコニー側より
バルコニー側からのお部屋の様子です。
シンプルな家具ですが、色合いを茶色と赤茶色にあわせていて
すごくお洒落です。床の白も茶色を引き立てています。

湯沸かし器など 冷蔵庫
壁掛けテレビの下には、湯沸し器やティーセットが備えつけられています。
その下のキャビネットには、冷蔵庫があります。

バスルーム バスルームアメニティ
バスルームをみていきましょう。
洗面台周りもシンプルな作りとなっています。
洗面台には、アメニティーが備えられています。

シャワーブース
バスタブは無く、シャワーブースのみとなります。
ブースには、レインシャワーとハンドシャワーがあり、
レインシャワーの優しい水流で疲れを癒してください。

バスルームコンセント
バスルームには、コンセントもございますので、
ドライヤーなどをお使いいただけます。
変圧器内臓のプラグをお持ちいただくと便利かもしれません。

セイフティボックス
お部屋のクローゼット内にセーフティボックスがございます。
貴重品は、必ずこちらをご利用ください。

スーツケース置場
大き目のスーツケース置き場もございます。
ゆったり大き目が嬉しいですね。


それでは、お部屋を後にしてホテル内の施設をご紹介していきます。

ホテルレストラン
こちらは、ホテル内のレストランです。
朝食会場にもなります。 
オープンエアーのスペースもあります。こちらは、人気スペースと
なりますので、早い物勝ちです。

一部ですが、朝食の様子をお伝えします。
シリアルコーナー パンケーキ、ワッフルコーナー

トーストコーナー デニッシュコーナー1
種類豊富なシリアルや飲み物が並んでいます。
ワッフルやトースト、デニッシュコーナーも充実しています。

朝食サラダバー
新鮮な野菜が並ぶサラダバーです。
旅行に出ると野菜が不足しがちですので、しっかり野菜を
とっておきたいですね。

エッグコーナー ヌードルコーナー
温かいメニューも充実しています。
エッグコーナーやヌードルコーナーでは、注文を聞いてから
調理してくれます。
やはり出来たては、おいしいですよね。

朝食会場の生演奏
レストランの朝食の時間帯には、ジャワ音楽が生演奏されています。
生演奏を聞きながら、朝のひと時をお過ごしいただけます。

朝食の後は、プールで泳ぐなんていかがですか。
ホテルプール
ホテル最上階から敷地内のプールを臨んでいます。

ジョグジャカルタ名物の馬車1 ジョグジャカルタ名物の馬車2
ジョグジャカルタ名物の馬車、アンドンです。
こちらのアンドンはハンドメイドで完成するまで6ヶ月を要します。

こちらは、ホテルに隣接するショッピングセンター、プラザアンバルクモです。
プラザアンバルクモ

プラザアンバルクモ 店内1 プラザアンバルクモ 店内2
大きなショッピングセンターです。
このショッピングセンターをしっかり周ろうとすると1日かかってしまいそうです。

プラザアンバルクモスターバックスコーヒー プラザアンバルクモピザハット

プラザアンバルクモダンキンドーナッツ プラザアンバルクモブレッドトーク
日本でお馴染みのスターバックスコーヒーやダンキンドーナッツなども
テナントとして入っています。

カルフール直結 カルフール直結2
ショッピングセンターからは、フランスのスーパーマーケットとして有名な
カルフールへと直結しています。

ジョグジャカルタにて世界遺産のボロブドゥールやプランバナンを
楽しむ際やジョグジャカルタ市内観光をするのにお勧めのホテルです。

バリワールドでは、ジョグジャカルタとバリ島の世界遺産や名所をめぐる
ツアーでこちらのロイヤルアンバルクモを宿泊ホテルとするツアーを
設定しております。

バリワールドのホームページはこちら
 http://www.baliworld.net/
スポンサーサイト

フェイブホテルクスマネガラ

フェイブホテル クスマネガラ

ジョグジャカルタにあるフェイブホテルクスマネガラをご紹介します。

空港近くに位置し市内観光や世界遺産観光にとても便利な立地です。
バリワールドでは、ジョグジャカルタの世界遺産や名所をめぐるツアーにて
利用するホテルのうちの1つです。

それでは、ホテルをご紹介していきます。

市内の通りで赤がひときわ目をひくこちらの看板が目印。
フェイブホテル クスマネガラ

フェイブホテル クスマネガラ 外観
ホテルの外観です。
とてもモダンな建物です。
夜間には、建物右の波のようなツルのような模様が浮かび上がった
ようにライトアップされとても綺麗です。

それでは、ホテル内へと入っていきましょう。

ホテルレセプション
こちらは、ホテルに入ってすぐのレセプションです。
表の看板の赤がホテルカラーとなっていて、スタッフも同じ色を使っています。

お部屋をご紹介していきます。

客室入口

ホテル客室
客室は、壁の花柄が印象的です。
全体的にシンプルイズベストという言葉がぴったりの作りです。

客室デスク&テレビ
ベッド正面には、壁掛けテレビが備えつけられています。
壁には、デスクが作りつけられています。
こちらで翌日の旅の計画を再確認するにはもってこいです。

サイドテーブル周り
ベッド脇のサイドテーブルには、コンセントとエアコンの
リモコンが設置されています。マルチコンセントでは
ありませんので、日本の製品を利用するには
コネクターが必要です。

バスルーム
バスルームもシンプルな作りです。
バスタブはありません。

洗面周り 無料ミネラルウォーター
バスルーム内の洗面周りとトイレです。
こちらもシンプルな作りです。
洗面台には、無料のミネラルウォーターがあります。

クローゼット内セーフティボックス
クローゼット内には、セーフティボックスがあります。
パスポートなどの貴重品は、必ずこちらに入れておいてください。

ホテル内自動販売機 自動販売機
客室には、冷蔵庫がありませんので、お飲み物は、こちらの自動販売機か
ルームサービスにてご利用ください。
ソフトドリンクが1本5,000ルピアで販売されています。
5,000ルピアって日本円に換算すると約50円なんです。
ジュース1本、50円とは安い!

プール
大きくは、ないですがロビーの隣には、プールがあります。

プールのミネラルウォーター販売機
プールでは、ミネラルウォーターが販売されています。
プールで気持ちよく身体を動かしたあとは、水分補給をお忘れなく。
お好みのミネラルウォーターで渇きを潤してください。

ホテルレストラン
こちらは、ホテルレストラン。
朝食会場は、こちらのレストランです。

全体的にシンプルな作りのカジュアルモダンなホテルです。
カップルや学生さんにもお勧めのホテルです。

バリワールドでは、ジャワ島ジョグジャカルタの
  世界遺産と名所をめぐるツアーにてこちらの
  フェイブホテルクスマネガラを利用しております。

バリワールドのホームページはこちら
  http://www.baliworld.net/


掲載画像と情報は、2012年9月現在のものとなります。

コンラッドバリリゾート&スパ

コンラッドバリリゾート&スパ


ヒルトングループの最高級ブランドであるコンラッド・ホテルのひとつ、
コンラッドバリリゾート&スパをご紹介します。

白砂のビーチが続くタンジュンブノアビーチに位置する洗練されたホテルです。
日本人旅行者に大変、人気があるホテルです。
ビーチ沿いという好ロケーションで、オーシャンビューやラグーンアクセス部屋もあり、
クラブラウンジも充実と大型デラックスホテルならではの設備やサービスが人気の秘密
となっています。

それでは、さっそくリゾート内をご紹介します。

ロビーエントランス
リゾートへの入口、ロビー棟へのエントランスです。
ロビーエントランス2
中央に大きな花があり、出迎えてくれています。

コンラッドバリ レセプション
大きなオブジェの向こうは、レセプションがあります。
最高級リゾートならではの気の利いた対応をしてくれますよ。

ロビーテラス
ロビー奥のテラスです。
リゾート内のプールと自然の向こうには、海の大パノラマが広がっています。
テラスでのんびりとするのもいいですが、南国の強い日差しにはご注意ください。

客室棟へと続く回廊
それでは、ロビーからこちらの客室棟へと続く回廊を抜け、
お部屋へと向かいましょう。

まずは、デラックスルーム!
お部屋からの眺めにより名称がかわります。

客室外のサイン 客室内のルームサイン
お部屋の外のルームサインです。
室内のサインスイッチと連動していますので、ご希望のスイッチを押してください。

デラックスルーム室内
それでは、お部屋の内部をご紹介します。
室内は、シンプルだけどバリらしいインテリアでまとめられています。
絨毯が海の波のように見えます。
お部屋は、海側へと伸びる作りとなっていて、バルコニーは、
ビーチに向かって45度の角度で設計されています。

壁掛けテレビ
ベッドの正面には、壁掛けテレビがあり、テレビ下のキャビネットには、
DVDプレーヤーが常設されています。
ベッドに寝転びゆっくりDVD鑑賞もいいものですね。
その奥には、シンプルな大人っぽいデザインのデスクがあります。

デスク周りにマルチコンセント
デスク周りには、マルチコンセントがあり日本のものもそのままご利用いただけます。
写真の真ん中に出ているコンセントの上のものが日本製品用です。
変圧機能は、ありませんのでご注意ください。

サイドテーブル2 サイドテーブル1
ベッド脇のサイドテーブルです。
どちらにもシェードランプが設置されていて片方には、湯沸し器とコーヒーセットがあり、
もう片方には、電話と大きな鏡が設置されています。

バルコニーからみた客室 デイベッド
バルコニー側から見たお部屋です。
ソファーみたいなベッドみたいな...デイベッドです。
とにかくこのスペースでくつろいでいただけます。
デイベッド下は、収納があります。

バルコニー
広々としたバルコニーです。
お部屋の中もいいですが、こちらで自然の風にあたりながら、
のんびりと景色を眺めて時間を過ごすのも良さそうです。

バルコニーの物干し
バルコニーには、物干しも常設されています。
水着やタオルを干しておくのに便利です。


それでは、続いてバスルームを見ていきましょう
バスルーム

洗面台
まずは、洗面台。
最近は、このような桶のようなシンクが日本でも人気ですね。
下の棚には、タオルなどを見せて収納しているということで、
これぞ、見せる収納ですね。

洗面台脇のボックス
洗面台脇のボックスには、コットンなどが収めれています。

バスタブとシャワーブース シャワーブース
バスタブと独立したシャワーブースです。
シャワーブースには、壁面固定シャワーとハンドシャワーが設置されています。

クローゼット左 クローゼット
お部屋の入口脇にあるクローゼットです。
クローゼットの中には、ゆかたとスリッパ、使わなそうで意外とあると
便利なアイロンが備え付けられています。
クローゼットの左には、セイフティボックスがあります。
最高級リゾートといえど、貴重品はこちらに入れておいてください。

デラックスルーム利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=17002


それでは、デラックスルームを後にして、コンラッドスイートルームへと
向かっていきましょう。
コンラッドスイートエントランス コンラッドスイートエンブレム

コンラッドスイートキッチンダイニング
コンラッドスイートルーム、お部屋に入ってすぐのスペースは、
キッチンとダイニングスペースです。

キッチンカウンター上部 キッチンカウンター下部冷蔵庫 キッチン下のキャビネット
キッチンカウンターの上には、エスプレッソマシーンとティーパックセレクションがあり
種類豊富なティーパックより選んでいただけます。
カウンター下部には、冷蔵庫があります。
シンク下部のキャビネットには、食器もありますので、お皿に綺麗に盛って
外で買ってきたものなんかも楽しんでいただけます。

コンラッドスイートリビング
ダイニングスペースの奥には、リビングスペースが広がっています。
座り心地の良さそうなソファでくつろいでください。

コンラッドスイートベッドルーム1
リビングスペースの奥がベッドルームです。
クイーンサイズのベッドが2つ並んでいるのは、迫力があります。
ベッドルームにも壁掛けのテレビが設置されています。

コンラッドスイートサイドテーブル1 コンラッドスイートサイドテーブル2
コンラッドスイートルームデッド脇のサイドテーブルです。
左の写真の壁面にあるのが、マルチコンセントとなっていますので、
日本のものをそのまま利用していただけます。
変圧機能がありませんので、ご注意ください。
右の写真のサイドテーブルには、コンラッドバリのマスコット、
コンラッドモンキーが座っています。
こちらのコンラッドモンキー、お持ち帰りいただけるんですよ。

コンラッドスイートバスルーム
こちらは、コンラッドスイートルームのバスルームです。
中央にソファが置かれています。
バスルームに入って一言、広い!

コンラッドスイート 洗面台 洗面台のアメニティ
こちらは、洗面台。
ダブルシンクとなっていますので、二人で並んでご利用いただけます。
洗面台の上のボトルやティッシュは、それだけだと無機質になりがちですが、
木製のカバーをつけることによって優しい表情になりますね。

コンラッドスイートバスタブ バスタブ横のリモコン
バスタブです。ここにもテレビが備え付けられています。
バスタブ横のボックスには、テレビのリモコンが置いてあるんですが、
ここにリモコンがあっていいのか...防水加工されているんですかね。

コンラッドスイートのシャワーブースとトイレ
こちらは、右が独立したシャワーブース、左がトイレです。
シャワーブースには、レインシャワーとハンドシャワーがあります。

コンラッドスイートクローゼット
こちらは、クローゼット。
まだ、部屋があるんだと思って入ってみるとクローゼットでした。
トランクスペースも一緒にあります。
こちらにスーツケースや着替えを置いておけば、お部屋はすっきりですね。

コンラッドスイート1階テラス テラスからのアクセス
こちらは、コンラッドスイートルームの1階のお部屋のテラスです。
2階以上のお部屋は、バルコニーがあります。
1階のお部屋からは、ラウンジなどへ楽にアクセスしていただけます。

コンラッドスイート利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=17006


それでは、スイートルームを出て、こちらを通ってある場所へ!
コンラッドラウンジへのエントランス
こちらは、コンラッドスイートルームをご利用の方、専用のエリアと
なります。こちらを通って進んだ先には、コンラッドスイートルーム利用客
専用のラウンジ棟へとつながっています。

スイート宿泊者専用ラウンジ
コンラッドスーと宿泊者専用のラウンジです。

スイート宿泊者専用ラウンジオープンスペース
こちらは、ラウンジのオープンスペースです。

コンラッドスイート朝食レストラン コンラッドスイート朝食レストランテラス
こちらは、コンラッドスイート宿泊者専用の朝食レストランの「凛」です。
こちらのレストランのテラス席で朝食をとれるのもスイートルーム宿泊客の特権です。

スイート専用プール
コンラッドスイート宿泊の専用施設は、ラウンジやレストランだけでは
ありません。
こちらのプールもスイートルーム宿泊者専用のプールなんです。
プールの周りは、東屋が取り囲んでいます。


それでは、コンラッドスイートのラウンジ棟をあとにして
リゾート内にあるスパ「ジワスパ」をご紹介します。
ジワスパレセプション
こちらは、ジワスパのレセプション。
優しい笑顔で、迎えてくれます。

ジワスパ吹き抜け
レセプション上は、吹き抜けになっています。
吹き抜けには、クルクルを模した照明が設置されています。
クルクルとは、木製の半鐘のことです。

ジワスパリラクゼーションスペース
ジワスパのリラクゼーションスペースです。

ジワスパ ドライサウナ ジワスパ サウナエリア
ジワスパのサウナエリアです。
ドライサウナでしっかりと汗を流して、水風呂へ。
ジワスパ ダブルトリートメントスペース
こちらは、ジワスパのダブルトリートメントルームです。
お友達同士、カップルでお二人そろって癒されてください。

ジワスパ フットケアスペース
ジワスパのフットケアスペースです。
リアルな足の模型が気になってしまいました。
こちらで、バリ島のショッピングや日本の日常で疲れている足を
リラックスさせてあげてください。

ジワスパ スパプール
ジワスパのスパプールです。
スパご利用のお客様は、こちらのプールをご利用いただけます。


続いて、広大な敷地の中に点在しているその他の施設をご紹介します。

ガーデンに巨大なチェスガーデンには巨大なチェスが。

なぜか卓球台が。勝負に熱くなりすぎ注意 卓球台

ジム もちろんジムもあります。

託児所クラクラ
こちらは、託児所のクラクラ。
クラクラとは、インドネシア語で海がめのこと。
こちらにしばらくお子様を預けて、ご夫婦水入らずの時間を過ごすのも
いいですね。

プールサイドマッサージ
こちらは、プールサイドマッサージです。
1分100円でマッサージをしてくれます。スパに行く時間がない方や
ちょっとの空き時間で疲れを取りたいかたにお勧め。


それでは、最後にプールとプライベートビーチをご紹介。

コンラッドバリ プール1

コンラッドバリ プール2
青い空に綺麗な水のプールが映えます。

コンラッドバリ ビーチ
やっぱりバリ島へ来たなら海だーという方は、コンラッドバリのプライベート
ビーチへどうぞ。
白い砂のビーチが待ってますよ。

コンラッドバリ ビーチバレ フリーシートなので早い者勝ち
こちらは、ビーチ脇にあるビーチバレ。
利用は、フリー! フリーということは、早い者勝ち!
ここでのんびりしたい方は、お早めにどうぞ。

最高級リゾートホテルの名にふさわしいコンラッドバリリゾート&スパ
バリ島人気ホテルランキングの上位に常にランクインしているホテルでも
あります。是非、ご利用ください。

コンラッドバリリゾート&スパ利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/mlist.php?id=1255

バリワールドホームページはこちら
 http://www.baliworld.net/

アジアのビーチリゾート専門サイト、アジアリゾートワールドはこちら
 http://www.asiaresortworld.com

掲載画像と情報は、2012年9月現在のものです。

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

グランドハイアットバリ

グランドハイアットバリ

グランドハイアットバリロゴ

バリ島人気ホテルランキングで常に上位にランクインしており、
大型のリゾートホテルが建ち並ぶヌサドゥアエリアでも群を
抜く広さのグランドハイアットバリをご紹介します。
敷地内には、5つのプール、8つのレストランやバー、
ショッピングアーケードなど施設も充実していてカップルや
ご家族連れの小グループのお客様に満足してご滞在いただける
リゾートです。

それでは、リゾート内をご紹介します。

ホテルエントランス
こちらのエントランスを通りリゾート内へと入っていきます。
バリらしい建築様式です。
リゾート内がどのようになっているのか、わくわくさせてくれます。

入り口のセキュリティ エントランスからロビーへと続く回廊
エントランスを抜け、こちらのセキュリティを通りリゾート内へ
エントランスからロビーへこちらの回廊を抜けていきます。

エントランス正面の風景
こちらは、エントランス正面の風景です。
写真では、わかりにくいですが、庭園の先に海が見え
素晴らしい景色が迎えてくれています。

レセプション ホテルロビー
こちらは、レセプションとホテルロビーです。
開放感があり落ち着いたロビーです。
籐細工のソファーと丸い背もたれのソファーどちらも座って
みたくなってしまいます。

ゲストリレーション
こちらは、ゲストリレーション もちろん日本語での対応も可能です。


それでは、こちらの客室棟内のお部屋をご紹介します。
客室棟

まずは、グランドルームです。

グランドルーム入口 カードキー
カードキー2枚とプールの引き換え券です。
もう1枚のカードは、入口横の主電源用のカードです。
カードを差して、電源ONとなります。

グランドルーム
グランドルームの室内へと進んでいくと落ち着いた雰囲気の中にシンプルな
作りのベッドが目に飛び込んできます。奥のリビングスペースもシンプルで
お洒落です。

ベッド正面のテレビ
ベッド正面のテレビとミニバーです。
こちらもシンプルな家具を使い、お部屋の雰囲気とマッチしています。

トリプル利用時のベッド
奥のベッドのようなソファーのようなスペース、なんだと思いますか?
こちらは、お部屋をトリプルルームとして利用する場合の3人目用のベッドとなります。
普段、狭いスペースで寝ている私なんかは、大きなベッドよりこちらのスペースの
方が落ち着いて休めるような気がしてしまいます。

サイドテーブル2  サイドテーブル1
ベッド脇のサイドテーブルの上にエアコンのコントロールパネルがあります。
もう片方のサイドテーブルには、大きなデジタル時計が!

テレビ脇のマルチコンセント
テレビの脇には、マルチコンセントがあります。
真ん中がマルチコンセントとなっています。マルチなので日本の物をそのまま
使うことができますが、変圧機能がありませんので、使用時はご注意ください。

バスルーム
バスルームを見ていきましょう。

洗面周り 洗面脇のアメニティボックス
洗面台もシンプルでお洒落な作りです。洗面台脇のボックスには、歯ブラシや
コットンなどのアメニティが収納されています。

バスルームルーバー
バスルームのルーバーを開けるとバスタブに浸かりながら
テレビが見れるようになっています。
テレビを見ながら半身浴なんて事でゆっくり疲れを
癒すこともできます。

シャワーブース シャワーブースアメニティ
独立したシャワーブースには、ハンドシャワーと天井からのレインシャワーがあります。
独立していますので、お湯の飛び散りなど気にせずにシャワーを浴びられます。
シャワーブースにもシャンプーなどのアメニティが備え付けられています。

ウォークインクローゼット クローゼット内引出
バスルームを出るとクローゼットがあります。
このクローゼット、ウォークインになっているんです。スーツケースも
こちらのスペースに置いておけばお部屋の中は、すっきりさせておけます。

ホテル全体の特徴ですが、シンプルですっきりとしたインテリアが配されています。

グランドルーム利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=17029


上のカテゴリーのお部屋でグランドクラブルームがあります。
バリワールドでこちらのカテゴリーのお部屋をご利用のお客様には、
人気のグランドクラブラウンジがご利用いただけます。
詳細は、ツアーの詳細ページをご確認いただければと思います。
クラブラウンジエントランスクラブラウンジエントランス

池に浮かんだように見えるクラブラウンジの外観クラブラウンジ外観

クラブラウンジ内明るい光が差込むクラブラウンジ内

クラブラウンジライブラリースペース
こちらは、クラブラウンジ内のライブラリースペースです。
のんびりこちらで本を読みふけるという贅沢なホテルでの
時間の使い方をしてみたいものですね。


続きまして、リゾート内のスパ、「クリヤスパ」をご紹介します。

クリヤスパ入口 クリヤスパロゴ

クリヤスパの入口です。まっすぐ伸びる回廊が印象的です。

スパの回廊
こちらの長いエントランスとコドリーを抜け、スパレセプションへと
向かいます。
スパでのリラクゼーションタイムを楽しみにしながら進んでいけると思います。

クリヤスパロビースペースこちらは、ロビースペース

こちらは、エアコンの効いたリラクゼーションスペースクリヤスパリラクゼーションスペース

スパでのご希望のコースを決め、待ち時間の間、こちらでリラックスしてください。

オープンエリアのフットリフレクソロジースペース
こちらは、オープンエリアのフットリフレクソロジースペース。
リゾート内の自然を眺めながら疲れた足をリフレッシュしてもらって下さい。

スパヴィラ内フットケアスペース
こちらは、ヴィラ内のフットケアスペース、ヴィラ内の落ち着いた雰囲気のなか
フットケアを受けることができます。

クリヤスパの外観
クリヤスパの外観です。
赤い屋根のひとつひとつが独立したトリートメントヴィラとなっています。
ヴィラの周りは、自然と池に囲まれています。このスペース自体でゆっくり
しているだけで身体がリフレッシュされていくと思います。


広大な敷地を誇る、リゾート内のその他の施設をご案内します。

パサールセンゴール 会場ステージ

こちらは、パセールセンゴールの会場とステージです。
夜になるとガムラン楽隊が音楽を奏でるなか、食事を楽しむ事ができ、
ステージ上では、日替わりで、バロンダンス、ケチャダンス、レゴンダンス、
バニーズ・ダンスパレード、ジャゴグ、ラーマヤナダンスなどの
バリダンスを鑑賞することができます。

ウォーターコートレストラン
その名のとおり池に浮かぶように建てられているウォーターコートレストランです。
ビュッフェスタイルの朝食などを楽しんでいただけます。

ガーデンカフェ

                           サルサヴェルテ
リゾート内にはその他にオープンテラスが人気のガーデンカフェや
朝食もとることができるイタリアンレストランのサルサヴェルテがあります。


バリニーズプール

メインプール


リゾート内は、もちろんプールも充実しています。
子供に人気のスライダーがある、バリニーズプールや海を臨む
メインプールがあります。

せっかくバリ島へ行ったのならビーチやショッピング、バリの文化に
触れるような観光をしていただきたいところですが、こちらのリゾート内で
一日ゆっくり過ごしていただくのもお薦めです。

グランドハイアットバリ利用のコースはこちら
 http://pkg.baliworld.net/mlist.php?id=1253

バリワールドのホームページはこちら
 http://www.baliworld.net/

アジアのビーチリゾート専門サイト、アジアリゾートワールドはこちら
 http://www.asiaresortworld.com

 掲載画像と情報は、2012年9月現在のものです。

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

インターコンチネンタル・リゾート・バリ

インターコンチネンタル・リゾート・バリ

Logo IC 2D hires

バリ島南部、空港にほどちかいジンバランビーチ沿いに35万平方メートルの敷地に
425室の客室を持つ大型高級リゾートです。
客室内装は、伝統的なバリ様式で多彩な部屋タイプを揃えているホテルです。

それでは、ホテルをご紹介していきます。

ロビー棟外観

こちらは、敷地内中央に位置するロビー棟です。
高い屋根が印象的で池からの眺めは、バリに来たことを実感させてくれます。

ホテルエントランス
ロビー棟のエントランスです。
先に見えるシンボリックなスタチューが印象的です。

ホテルロビー1
ロビーは、重厚感のあるソファーや中央のスタチューがお出迎えしてくれます。

ロビー棟天井 ロビー天女の絵柄
ロビーで上を見上げるとかなり高い天井です。
外から見たロビー棟の高い屋根はこうなっていたんですね。
ロビーの屋根を取り囲むように天女の絵が配されています。

レセプション
ロビー棟内のレセプションです。高級リゾートらしく親切丁寧な対応を
してくれます。

サラスワティラウンジ
ロビー隣のサラスワティラウンジには、ビリヤード台があります。
お酒を飲みながらハスラー気分を味わってみるのはいかがでしょうか。

それでは、お部屋をご紹介していきます。
まずは、リゾートクラシックルームです。
リゾートクラシックルーム入口 稲の神様のレリーフ
リゾートクラシック棟の壁には、稲の神様のレリーフがかたどられ、神々の棲む島、
バリ島を連想させてくれます。

リゾートクラシックルーム室内
陽光が燦々とふりそそぐ室内!
南国ムード満点のファンが天井にあります!!

リゾートクラシックルーム2
お部屋の中央に見えるのは、クローゼットです。ベッドルームから
バスルームへクローゼットを通って抜けられます。
ちょっとした近道ですが、これが意外と便利なんです。

化粧台
バスルーム側からみたクローゼットの手前には、化粧台があります。
ベッドルームからは、見えないところに化粧台があるのは嬉しいのですね。

化粧台脇のコンセント
化粧台の脇には、ちょっと特殊な形のコンセントがあります。
こちらは、お部屋備え付けのヘアドライヤーの電源をとるコンセントです。

バスルーム
こちらは、バスルーム内です。バスタブとシャワーブースが分かれています。
シャワーブースは、ガラス張りになっていますので、お湯が飛び散らなくて快適です。

洗面周り
こちらは、洗面周り、大きくはないですが、アメニティが綺麗に並び使い心地は、
良さそうです。

バルコニーからの眺め
バルコニーからの眺めです。
バルコニー
客室内は、禁煙となっていますのでおタバコはこちらで!
愛煙家の皆さんは、なんとなく形見が狭いですが、広大はホテル敷地内の
景色を楽しみながら、一服を楽しんでください。

リゾートクラシックルーム利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=15781


続きまして、シンガラジャ棟へと進んでいきましょう。 
シンガラジャ棟エンブレム
余談ですが、シンガラジャってご存知ですか?
シンガラジャとは、「ライオンの王」という意味なんだそうです。
バリ島の北部に位置する港町の名前でもあるのですが、
この地区の住民は、気性が荒いなんていわれていたりします。

それでは、シンガラジャルームをご紹介していきます。
シンガラジャルーム室内
白を基調とした室内にモノトーンのベッドやデスクがお洒落です。
白の中に濃い色の床や調度品が映えます。
こんな色使いのお部屋あこがれてしまいます。

シンガラジャルーム室内2
こちらのシンガラジャルームもリゾートクラシックルームと同じ様に
ベッドルームからクローゼットを通ってバスルームへといけます。
ベッドルーム・バスルームのどちらからもクローゼットへいけるのは、
なにかと便利です。

リビングスペース リビングコーナー
こちらは、お部屋のリビングスペースです。
ソファーでゆっくりお過ごしいただけます。
コーナーのキャビネットには、湯沸し器と冷蔵庫が備えつけられています。

シンガラジャルーム バスルーム
こちらは、バスルームです。こちらもリゾートクラシックルームと同じように
バスタブには、ハンドシャワーが設置されています。
バスタブの横には、シャワーブースがガラス張りで配されています。
シンガラジャルーム バルコニー
こちらは、バルコニー!
シガラジャルームも室内は、禁煙となりますので、愛煙家の方は、
こちらでお願いします。
このバルコニー、愛煙家でなくてもソファーに腰掛け、のんびりとしたいですね。

シガラジャルーム利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=15782


続いて、同じシンガラジャ棟内のシンガラジャデュプレックススイートルームをご紹介します。
シンガラジャデュプレックススイートリビング
デュプレックススイートルームのリビングスペースです。
なんとこちらは、1階がリビングスペースとなっていて、
2階のロフトにベッドルームとバスルームがあります。
こちらも白を基調とした中にモノトーンの調度品が配置されていてお洒落な感じです。

リビングスペースのデスクにマルチコンセント
リビングスペースにあるデスクの壁面には、2つのマルチコンセント!
マルチコンセントですので、日本のものもそのまま使えます。
変圧機能はありませんのでご注意ください。
旅行中は、デジカメのバッテリーや携帯の充電でマルチコンセントが
活躍してくれます。2つあるのがうれしいですね。

ロフトへの階段 ロフトへの階段です。ホテルの室内に階段ってなんだかわくわくしませんか?

ロフト部分のベッドルーム ロフト部分ベッドルームのテレビ
リビングの階段を上がるとベッドルームがあります。こちらのベッドルームにも
テレビが配置されていますので、ベッドに寝転がりながらテレビが見れますね。
奥の扉は、シンガラジャルームと同じようにクローゼットを通り、
バスルームへと続いています。
こちらのバスルームもバスタブとシャワーブースがわかれています。

ベッド脇のサイドテーブルにもマルチコンセント
ベッド脇のサイドテーブルにもマルチコンセントがあります。
携帯を目覚ましとしている人も充電も出来ますし安心ですね。

リビングスペース2
1階部分のリビングテーブルとチェアーのセット、オリエンタルムードが漂っています。

デュプレックススイートルーム利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=15783

シンガラジャ専用ラウンジ1 シンガラジャ専用ラウンジ2
こちらは、シンガラジャ棟1階のコドリーにあるシンガラジャ専用ラウンジです。

続いて、クラブルームとクラブデュプレックススイートの宿泊客が
利用できる、クラブラウンジをご紹介します。

クラブラウンジレセプション
こちらは、クラブラウンジのレセプションです。
素敵な笑顔で迎えてくれます。

クラブラウンジ入口のシャンデリア
クラブラウンジの入口には、大きなシャンデリアがあります。
さすがはクラブラウンジ、高級感抜群です。

クラブラウンジ天井の高い室内
クラブラウンジ内は、高い天井が印象的で圧迫感もなく、
贅沢な時間が流れていきます。

クラブラウンジ グランドピアノ
グランドピアノの生演奏もあります。

クラブラウンジ テラス席2 クラブラウンジ テラス席1
こちらは、人気のテラス席です。
特に欧米人に人気でテラス席はいつもたくさんの人です。

クラブラウンジ明るい窓際の席
テラス席が満席の場合には、こちら窓際の明るいお席をどうぞ。

クラブラウンジは、専用の朝食レストランにもなっています。
メニューの一部をご紹介します。

クラブラウンジ 朝食コールドディッシュこちらは、コールドディッシュ。

クラブラウンジ 朝食ブレッド各種 クラブラウンジ 朝食ジャム各種
ブレッドコーナーとジャムコーナー。
全部のジャムを試してみたくなってしまいますね。

クラブラウンジ 朝食ホットディッシュホットディッシュも充実。

フルーツだって盛りだくさん。クラブラウンジ フルーツ各種

こちらは、クラブルームとクラブデュプレックススイート宿泊客専用の
ラウンジとなります。
贅沢な空間をお楽しみください。

他にもレストランがありますよ。

タマンギタレストラン
ホテル内には、日本食のレストランなどがあります。こちらの写真は、
サマンギタレストランの朝食風景です。
テラス席は、欧米人にとても人気があります。

ディパーチャーラウンジ案内 ディパーチャーラウンジ
こちらは、ご家族やカップル単位で有料にて予約が可能なディパーチャーラウンジです。
チェックアウト後、空港に向かうまでに時間がある場合にご利用いただくと便利です。

ホテル敷地内
自然あふれるリゾート内には、いたるところに池があり、
橋が架かっている池もあります。

是非、広大な敷地を誇り、バリ島人気ホテルランキングで常に上位ランクインしている
インターコンチネンタル・リゾート・バリをご利用ください。
カップルやご家族連れにもお勧めです。

インターコンチネンタルリゾートバリ利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/mlist.php?id=1268

バリワールドホームページはこちら
 http://www.baliworld.net/

アジアのリゾート専門サイトアジアリゾートワールドはこちら
 http://www.asiaresortworld.com

 掲載画像と情報は、2012年9月現在のものです。

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

マヤウブドリゾート&スパ

マヤウブドリゾート&スパ

マヤウブドロゴ

マヤウブドリゾート&スパは、バリ島はウブドの東側プタヌ川をのぞむ
渓谷美と西側のライステラスを同時にのぞむことができます。
緩やかに南北に延びた敷地にそれぞれプライバシーを考えて
レイアウトされたマヤウブドは周りをなにからも邪魔されることなく
それゆえリゾート内どこからも眺望はすばらしく開放感は抜群です。
吹き抜ける風を肌で感じながらリラックスしていただくための
洗練されたリゾートです。

それでは、リゾート内をご紹介していきます。

ロビー棟
まずは、ロビー棟です。
バリ島らしい雰囲気満点の茅葺屋根が迎えてくれます。
池にはお椀のようなライトが設置されています。
これは、夜の様子が楽しみですね。

レセプション
ロビー棟内のレセプションです。
リゾートのイメージカラーの黄色が映えます。

ロビー
ゆったりとしたスペースにソファーやベンチシートが置かれている
ロビースペースです。
バリワールドご利用のお客様にはこちらのロビーで到着時に
ウェルカムドリンクと冷たいおしぼりが特典としてご用意させて
いただいておりますので、ごゆっくりお過ごしください。

バーラウンジ
ロビー棟の一角には、バーラウンジがあります。

ロビーから客室棟へと続くコリドー
それでは、こちらのコリドーを抜け、まずご紹介させていただく
スーペリア棟へと向かいましょう。

スーペリアルーム入口
入口の扉や部屋番号の表示などウブドらしい雰囲気を醸し出しています。

それでは、スーペリアルームをご紹介していきます。

スーペリアルーム客室2
こちらは、ベッドスペース。
43㎡とゆったりとしたスペースのお部屋。
デスクを挟んでベッドスペースとリビングスペースに分かれています。

スーペリアルーム サイドテーブル
ベッド脇のサイドテーブルには、ミネラルウォーターとグラスが
セットされています。

スーペリアルーム客室1
こちらは、リビングスペースです。
カウチソファーが置かれ、かなりゆったりとしたスペースです。

スーペリアルーム客室3
リビングスペースのテレビの下のキャビネットに冷蔵庫が
収められています。

スーペリアルーム客室4
客室内には、湯沸し器とコーヒー&紅茶のセットが置かれています。
写真中央の種類豊富なパックは、無料でご利用いただけますので、
是非、お楽しみください。

スーペリアルーム クローゼット1 スーペリアルーム クローゼット2
バスルーム手前に向かい合ってクローゼットがあります。
片方には、アイロン台とセーフティボックスが
もう片方には、ヘアドライヤーとスリッパは布製の袋に入れられています。

スーペリアルーム 洗面台
バスルームを見ていきましょう。
洗面台は、すっきりしていて使い勝手が良さそうです。

スーペリアルーム アメニティ
洗面台の上には、ボックスに綺麗に収められ
アメニティが置かれています。

スーペリアルーム マルチコンセント
洗面台の脇には、マルチコンセントがあります。
日本の物をそのままご利用いただけます。
変圧機能がありませんのでご注意ください。

スーペリアルーム バスタブ
バスタブとシャワーです。
シャワーは、壁面固定式とハンドシャワーがあります。

スーペリアルーム バスアメニティ
バスタブの端には、タオルなどのバスアメニティがあります。
スーペリアルーム バスルーム2
かわいいボトルに入ったバスアメニティは、
左からバスフォーム、シャンプー、コンディショナーです。

スーペリアルーム バスタブ2
バスタブのお湯が出てくる部分が日本の露天風呂を思い出します。

ゆったり広々としたスーペリアルーム!
お友達同士やカップルでのご利用におすすめです。

続いて、ヴィラ棟へと向かいましょう。
今回は、デラックスプールヴィラをご紹介していきます。

エントランス1

エントランス2
ヴィラのエントランスです。
茅葺屋根の入口や客室の建物が並んでいます。
一昔前の日本の雰囲気を感じます。

それでは、デラックスプールヴィラをご紹介していきます。

ヴィラ客室 外観
こちらがデラックスプールヴィラの外観です。
建物の真ん中の大きな扉が客室への入口です。

ヴィラ客室 主電源
入口は、カードインサートシステムで室内のカードの差込み口に
カードを差込むとお部屋の主電源がONになります。

天蓋付きベッド
入口から見た客室の様子です。
天蓋付きのベッドです。
バリらしい雰囲気を演出してくれています。

デスク周り
お部屋の窓の下にはデスクが置かれています。
窓枠が額縁となり窓からの風景が絵画のようにみえます。

デスク周りマルチコンセント
デスクには、マルチコンセントがあります。
日本のものがそのまま使用していただけます。

デラックスプールヴィラ客室1
お部屋の中のAV収納には、フラットテレビ、DVD、スピーカー、冷蔵庫、
湯沸し器が収められています。


デラックスプールヴィラ スーツケース置き場
アンティークな雰囲気のスーツケース置き場です。
お部屋のインテリア一つ一つがお洒落です。

デラックスプールヴィラ クローゼット
クローゼットには、セーフティボックス、ゆかた、ヘアドライヤー、
スリッパ、アイロンとアイロン台が備えられています。

続いてバスルームをご紹介します。
デラックスプールヴィラ バスルーム
バスタブには、シャワーが壁面固定式とハンドタイプがあります。

デラックスプールヴィラ 洗面台
洗面台周りです。
バスタブと同じ素材のシンクが設置されています。

バスルームもアンティークっぽい素材を使用していて
落ち着く雰囲気です。

デラックスプールヴィラというくらいですから、
もちろんプールがあります。
お部屋の外もご紹介していきます。

デラックスプールヴィラ テラス
テラスには、お洒落なソファーが!
ウブドの優しい緑が気分を落ち着かせてくれます。

お部屋の中は、禁煙ですので愛煙家の方はこちらでどうぞ。

デラックスプールヴィラ プライベートプール
プライベートプールです。
緑を眺めながらプールに浸かれるなんて嬉しいですね。

デラックスプールヴィラ 屋外シャワー
屋外シャワーもありますよ。
水圧の優しいレインシャワーとハンドシャワーがあります。

デラックスプールヴィラ エントランス3
戸建住宅のように建ち並ぶヴィラのエントランスです。

ホテルですがプライベートが維持され我が家のように
落ち着けるヴィラを是非、ご利用ください。


人気のスパ「スパ・アットマヤ」もご紹介していきます。

スパアットマヤ1
スパ施設までは、左上にあるリフトを使って行き来します。

広大なスパ施設
広大なスパ施設です。
写真にあるのは、これでもほんの一部です。

スパアットマヤ レセプション
木々の奥の建物にあるのは、スパのレセプションです。

スパアットマヤ トリートメントルーム2
近くを流れる川に面したトリートメントルーム。
スパアットマヤ トリートメントルーム1
こちらは、川に面していない側のトリートメントルーム。
どちらも自然を感じられリラックスできそうなトリートメントルームです。

スパアットマヤ トリートメントルーム3
バスタブからこんな景色を眺められるトリートメントルームもあります。

スパアットマヤ フットケア
こちらは、フットケアスペースです。
最高の眺めの中、フットケアを受けていただけます。
こんな環境でフットケアを受けていたらすぐに眠くなってしましそうです。

スパアットマヤ スパプール
こちらは、スパプールです。
スパ・アットマヤをご利用の方、専用のプールです。

スパアットマヤ スパカフェ
プールの上には、スパカフェがあります。

スパアットマヤ スパカフェ2
スパカフェからは、プール越しに渓谷に流れる川が見え
最高のロケーションです!!

広大な敷地を誇るリゾート内に広大な施設を誇るスパ!
想像していたものとスケールが違いました。
このスパで1日を過ごすことが出来てしまいます。

まだまだ広大なリゾートには、色々な施設が点在しています。

早朝のメインプール
こちらは、早朝のメインプールです。
もやのかかる中を朝日が照らし幻想的な雰囲気です。
日中は、大勢の利用客でにぎわっています。

水利システム1

水利システム2
リゾート内には、世界遺産に指定されたスバックと呼ばれる
水利システムがあります。
詳しくは、バリワールドホームページの世界遺産特集に記事が
ありますのでご参照いただければと思います。

バリ島世界遺産特集ページ http://www.baliworld.net/images/Wr-Bali.pdf


フィットネスセンター テニスコート

ヨガスタジオ ヨガスタジオ室内
フィットネスセンターやテニスコートは、当然のようにありますよ。
ヨガスタジオだってこんなに大きな本格的なものがあります。
リゾート内の大自然を感じながらヨガで心身ともにリラックスなんて最高です!

トレッキングコース1

                    トレッキングコース2
川沿いのトレッキングコースです。
コースの一部は、石階段の箇所があります。
観光やショッピングに出掛ける前の朝のひと時でリゾート内を散策がてら
ウォーキングなんていかがですか?

敷地内菜園1 敷地内菜園2
なんとリゾート内には、菜園もあります。

敷地内菜園3 敷地内菜園4
石畳の周りに菜園が続いています。

敷地内菜園 ウコン  ウコン

                 にんにく  敷地内菜園 にんく

敷地内菜園 レモングラス  レモングラス

色々な野菜が栽培されています。


レストランでの朝食のメニューの一部もご紹介します。
マヤウブド 朝食 ブレッドコーナー

                   マヤウブド 朝食 お粥コーナー

マヤウブド 朝食 フルーツバー
ブレッドコーナー、お粥コーナー、フルーツバーなど
その他にもホットディッシュやドリンクバーなど種類豊富で
朝から目移りしてしまいます。


広大な敷地のマヤウブドリゾート&スパ、全ての施設がゆったりと
したスペースでつくられています。
日本での慌しい時間をわすれさせてくれるゆったりとした時間が
リゾート内には流れています。

お友達同士やご夫婦、カップルでのご利用におすすめのリゾートです。

マヤウブドリゾート、利用ツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/mlist.php?id=1281

バリワールドのホームページはこちら
 http://www.baliworld.net/

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

ザ・ロイヤルエイティーンリゾート&スパ

ザ・ロイヤルエイティーン&スパ

royal_eighteen_logo[1]

クタビーチ、クタスクエアからわずか200メートルの好立地に新しくオープンしたホテル
ロイヤルエイティーンリゾート&スパをご紹介します。

ウォーターボトムやディスカバリーショッピングセンターへも徒歩10分と
ビーチもショッピングも楽しめる立地条件抜群のホテルです。

ホテル外観

ホテルマーク

大きなロビーではありませんが、清潔感のあるレセプションやインターネットコーナーが
お出迎えいたします。

レセプション

インターネットコーナー


それでは、スーペリアルームをご紹介します。

スーペリアダブル

ダブルベッドルーム、シンプルな清潔感のあるお部屋です。

スーペリアツイン

ツインベッドタイプのお部屋の窓は、開閉が出来ないすりガラスタイプです。

サイドテーブル周り

サイドテーブル周りは、コンセントの丸穴が二つあります。
ランプシェードの鮮やかなブルーがとても印象的です!!

壁掛けテレビ

テレビは、壁掛けとなっています
湯沸し器やDVDプレーヤーなどは、壁際のデスク周辺にまとめられています
鏡が備え付けられていて化粧台がわりにもなります。

ヘアドライヤーも常設

ヘアドライヤーも常設されていて、いたれりつくせりです。

スーツケース置き場

デスクの延長上にスーツケース置き場が設置されていて、その下には部屋履きの
サンダルが備え付けられています。

バスルーム

バスルームアメニティ

バスルームです。
バスタブ付きで、シャワーは使い勝手の良いハンディタイプです。
シャンプーや石鹸、シャワーキャップなどのアメニティが配備されています。

クローゼット

クローゼットには、着心地の良さそうなガウンがあります。

セイフティボックス

日本人になじみのあるバリ島ですが、そこは海外! 貴重品は、必ずセイフティボックスへ!!

コンパクトにまとまった感じのお部屋です。
疲れた身体を癒していただくには、充分くつろげると思います。

スパイメージホテル内にある ザ・スタースパ!

トリートメントルーム

トリートメントジャグジー

ビーチやショッピングなどで疲れた身体をこちらのスパで癒してあげてください。

プール

大きくはありませんが、レストラン脇にプールもあります。

高級リゾートというわけではありませんが、クタビーチやショッピングセンターにも近く、バリを満喫するには、
便利でアットホームな雰囲気のホテルです。


ザ・ロイヤルエイティーンリゾート&スパ利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/mlist.php?id=3572

バリワールドのホームページはこちら
 http://www.baliworld.net/ 

アジアのビーチリゾートをご紹介するアジアリゾートワールドはこちら
 http://www.asiaresortworld.com

掲載の画像・情報は、2012年9月のものです。

アヤナリゾート&スパ バリ②

アヤナリゾート&スパ バリ 第2弾

ayana_logo[1]

それでは、第2弾としてリゾート内のレストランやその他の
施設をご紹介していきます。

まずは、プールをご紹介します。

メインプールローワー
こちらは、メインプール。
メインプールは、2階層プールになっているんです。。
写真は、ローワープールです。

メインプールアッパー1

メインプールアッパー2
こちらが、メインプールのアッパープールです。
少し離れたところからみると、海とつながっているように見えます。
ビーチリゾートは好きだけど、海はちょっと苦手という方や
波の激しい海で泳ぐのはちょっと不安という方は、こちらの
プールでお楽しみください。
他にもお子様用のプールやスライダーなどのあるプールもあります。
お好みのプールでお楽しみください。


リゾート内には、レストランが点在してます。
いくつかご紹介していきます。

ダマールテラス1

ダマールテラス3 ダマールテラス2
こちらは、ダマールテラスです。
蓮の池に囲まれたレストランです。
アジア料理などが、お楽しみいただけます。

ダマールテラス テラス席
こちらは、ダマールテラスで人気のテラス席です。
蓮の池を臨むことができます。


続いて、サミサミレストラン。
サミサミレストラン1

アヤナ サミサミレストラン3 アヤナ サミサミレストラン2
インド洋を一望できる絶好のロケーションを誇るサミサミレストランは、
イタリアン料理を中心に楽しむことができるカジュアルレストランです。
インドネシア料理をひと休みして、パスタやビザをお楽しみください。


続いて、パディレストラン。
パディレストラン
茅葺屋根作りの印象的なタイ料理レストラン、パディです。
美しい、庭園・蓮池に囲まれていて、インドネシア料理とは、
また違ったスパイシーさのタイ料理をお楽しみください。

パディレストラン池に面した席
テラス席やこちらの池に面したお席が人気!

パディレストラン朝食会場1
パディレストランは、朝食会場にもなります。

その他にもリゾート内には、インターナショナル料理の「ダヴァ」や
日本料理の「本膳」などがあります。


最後にリゾートで人気のパフュームクリエーションをご紹介します。
パフュームクリエーション 看板

パフュームクリエーション 調合エッセンス1 パフュームクリエーション 調合エッセンス2
女性に特に人気のパフュームクリエーション。
数ある調合エッセンスよりあなた好みのものをつくりましょう。

まだまだ、ご紹介しきれていませんが、海の岩の上に建つ
ロックオンザスパやヨガで日々の疲れを癒す会場なんかも
あります。

ご家族やハネムーンなど、どんなニーズにも対応してくれる
アヤナリゾート&スパ、是非、ご利用ください。

アヤナリゾートを利用するツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/mlist.php?id=1269

バリワールドのホームページはこちら
 http://www.baliworld.net/

アジアのビーチリゾートをご紹介するアジアリゾートワールドはこちら
 http://www.asiaresortworld.com

掲載画像と情報は、2012年9月のものです。

アヤナリゾート&スパ バリ①

ayana_logo[1]

アヤナリゾート&スパ バリのご紹介 第1弾

バリ島人気ホテルランキング常に上位ランキングされ、バリ島を代表する高級リゾート、
アヤナリゾート&スパをご紹介いたします。

サンスクリット語で「隠れ家」をあらわすアヤナは、バリ島の南西部ジンバラン地区に
位置します。
77ヘクタールもの壮大な敷地からは素晴らしい眺めが広がり、静かなプライベートビーチに囲まれています。

それでは、リゾートをご紹介していきます。

正面玄関
こちらは、リゾートの顔、正面玄関です。
玄関エントランス上部には、豪華なシャンデリアがあります。
さすが人気リゾート、賑わいがすごいです。

玄関からリゾート内を
こちらは、正面玄関からリゾートの眺めです。
広大なリゾート敷地の向こうには、海を望めます。
これだけで、わくわくしちゃいますね~

ロビー棟
こちらを抜け、写真正面のロビー棟へと向かいます。

メインレセプション
こちらは、メインレセプション。
レセプションもにぎわっています。高い屋根が吹き抜けになっていて
びっしりと民族画のようなものが描かれています。

メインロビー
レセプション横のメインロビーです。
バリらしいインテリアが所々に配されていてバリ島に来たんだなという
実感がわいてきます。

客室棟
それでは、客室棟へと向かっていきましょう。

アヤナリゾートでは、お部屋の改装を実施しておりまして、
バリワールドにてアヤナリゾートをご利用いただくお客様には、
改装後のお部屋をご案内させていただきます。

それでは、改装後のお部屋をご案内します。

客室プレート まずは、リゾートビュールームをご紹介。

客室入口
お部屋に入ってすぐのところにカードキーの差込みがあります。
こちらにカードを差込むとお部屋の電源がオンになります。

入口脇の鏡がなんかすごくお洒落じゃないですか。
お部屋のインテリアに期待をもってしまいますね。

リゾートビュー客室
お部屋の内部です。
お洒落です!! 他のホテルとは一線を画すオリエンタルモダンな内装です。
天井には、ファンが付いていて南国ムード満点です。

リゾートビュー客室2
こちらは、バルコニー側からのお部屋の様子です。
濃い色使いのインテリアが白い壁や床、窓の外の青い空に映えます。

リゾートビューサイドテーブル
こちらは、サイドテーブル周りです。
ランプもお洒落なデザインです。
壁面には、最新のコントロールパネルとマルチコンセントがあります。
マルチですので、日本のものもそのまま使えます。
変圧機能がありませんので、ご注意ください。

リゾートビューカウチ
お部屋内のベッドとカウチです。
色合いが合わせられていて、細かな気遣いを感じますね。
茶色、白、黄色、むらさき、ここまでの統一感は、自宅では
なかなか出せませんね。

リゾートビュー応接スペース
応接セットのスペースです。
応接テーブルの奥、デスクスペースのような所に置いてあるもの
わかりますか?
アイホンステーション
こちら、アイフォンステーションなんです。
アイフォンをお使いの方は、ホテルのお部屋でも
お気に入りの音楽を楽しんでいただけます。
お洒落なインテリアにお気に入りの音楽♪、
ずっとお部屋の中にいたくなってしまいます。

冷蔵庫
テレビの下の観音開きのチェストには、冷蔵庫と
湯沸し器・ティーセットなんかが備え付けられています。

リゾートビューバルコニー
リゾートビュールームのバルコニーです。
お部屋の名前のとおり、自然豊かなリゾート内の景色が素晴らしいです。
こちらでゆっくり紅茶でも飲んでボーっとしていたですね。

続いてバスルームへといきましょう。
リゾートビューバスルーム

リゾートビューシャワーブース シャワーブースアメニティ
シャワーブースには、日本人には嬉しいハンドシャワーと
水圧が優しいレインシャワーが、バスアメニティとして、
アヤナ特性のシャンプーなどが備えられています。

リゾートビューバスタブ
バスタブもありますよ。

リゾートビュー水周り
こちらは、洗面周り。
鏡周りの彫刻のようなインテリアが印象的です。
洗面下の棚にもしっかり電気がついていますね。

リゾートビューヘアドライヤー リゾートビューアメニティ
洗面台の引き出しには、ヘアドライヤーやアメニティグッズが収納
されています。

リゾートビュークローゼット
お部屋には、もちろんクローゼットもあります。
セーフティボックスやアイロン台も備えられていて広々です。

リゾートビュールーム利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=16628


続いて、人気のクラブルームをご紹介します。

クラブルーム客室1

クラブルーム客室2
お部屋は、リゾートビュールームの色使いとは変わり、
淡い色使いとなっています。

クラブルーム天蓋付きベッド
クラブルームのベッドは、憧れの天蓋付きです。

クラブルームサイドテーブル クラブルームマルチコンセント
こちらのクラブルームのサイドテーブル上の壁面にもマルチコンセントと
最新のコントロールパネルがあります。

クラブルームデスク マルチコンセント拡大
クラブルームのデスク周りです。
写真では、分かりにくいかもしれませんが、こちらにも
マルチコンセントがあります。

クラブルーム冷蔵庫と湯沸器
クラブルームもテレビの下の観音開きのチェストには、
冷蔵庫と湯沸し器、ティーセットなどが備えられています。

クラブルームバルコニー
クラブルームのバルコニーです。
これは、なんといったらいいんですかね~ バルコニーに
お茶の間のようなソファーがあるんです。
眺めは最高。リゾートの自然の向こうには海が!

クラブルームのバスルームへといきましょう。
クラブルームバスルーム
シャワーブースには、ハンドシャワーと水圧が優しいレインシャワーが!

アメニティーはロクシタン
シャワーブースのアメニティは、フランス産まれの女性に
大人気のロクシンタンです!!

クラブルームバスタブ

クラブルームバスピロー バスフォームとバスソルト
バスタブももちろんあります。
クラブルームのバスタブには、バスピローがあります。
のんびりしすぎて、寝入っていまわないようにしてください。
アヤナ特性のバスフォームやバスソルトもありますよ。

クラブルーム洗面台

クラブルーム水周り1 クラブルームヘアドライヤー
クラブルームの洗面台です。
リゾートビュールームとほとんど同じ作りですが、
色が違うとイメージが全然違います。
ミネラルウォーターやヘアドライヤーも備えれれています。

クラブルームクローゼット
こちらも広々クローゼット。
アイロン台やセーフティボックスが設置されています。

クラブルーム利用のツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/slist.php?id=16630


クラブルームをご利用の方には、嬉しい特典がございまして、
クラブラウンジというクラブルームの宿泊者専用の
ラウンジがあるんです。
クラブラウンジ専用アクセスドア クラブラウンジ
こちらのクラブラウンジ専用アクセスドアを抜け
クラブラウンジへと向かいましょう。

クラブラウンジフロアレセプション
クラブラウンジのレセプションです。
優しい笑顔で迎えてくれます。

クラブラウンジ室内

クラブラウンジテラス席
クラブラウンジの室内です。
下の写真は、クラブラウンジで人気のテラス席です。

ライトランチ1 ライトランチ2

ライトランチ4 ライトランチ5
クラブラウンジでは、ライトランチして豊富なメニューから
お食事をしていただけます。
写真ではご紹介しきれていないメニューがまだまだありますよ。


大型リゾートホテルのアヤナリゾート&スパ、まだまだご紹介しきれて
いない施設がございますので、第2弾としてリゾート内の施設を
ご案内させていただきます。

アヤナリゾートを利用するツアーはこちら
 http://pkg.baliworld.net/mlist.php?id=1269

バリワールドのホームページはこちら
 http://www.baliworld.net/

アジアのビーチリゾートをご紹介するアジアリゾートワールドはこちら
 http://www.asiaresortworld.com

掲載画像と情報は、2012年9月のものです。

テーマ : バリ島 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。