スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メリアプロサニ

メリアプロサニ

ジョグジャカルタの中心部に位置するホテルです。
ショッピング街のマリオボロまで徒歩数分の場所にあり
観光・ショッピングに大変、便利なホテルです。


それでは、早速ホテルをご紹介していきます。

ホテル外観
ホテルの外観です。
淡いピンク色が印象的な外観です。
青い空や緑にピンク色が映えます。

ホテル外観中庭より
こちらは、ホテルの中庭から見た様子。

それでは、建物の中に進んでいきましょう。

ロビーエントランス
こちらは、ホテルエントランスを内部から見ています。
ドアボーイの制服がとても印象的です。
サンタの衣装に見えてしまうのは、私だけでしょうか。

レセプション
エントランスから進んだ先には、レセプションがあります。

ロビーラウンジ
ロビーラウンジも広々。

ジャワ式ガムラン楽器
ロビーの一角には、ジャワ式のガムラン楽器が♪
これは楽器の紹介だけですかね、生演奏してくれると
嬉しいんですけどね。

それでは、こちらのコリドーを抜け、
客室へと向かいましょう。
客室棟コリドー

今回は、デラックスルームをご紹介していきます。

デラックスルーム
こちらのお部屋は、緑を基調としています。

デラックスルーム2
こちらは、お部屋の奥からお部屋を見た様子です。
こちらの写真のほうが、緑の色使いが分かりやすいですね。
絨毯やベッドの下も緑になっています。
お部屋の家具なんかは、派手な感じではなく、シンプルに
まとまっていますね。

サイドテーブル周り
こちらは、ベッド脇のサイドテーブル。

湯沸し器 冷蔵庫
客室内には、湯沸し器やティーセット、もちろん冷蔵庫もあります。
冷蔵庫の中の飲み物は、有料ですので、ご利用の場合は、
チェックアウト時に精算してくださいね。

セーフティボックス スリッパ
セーフティボックスやスリップも備えられています。
ホテルのお部屋内だからといって油断せず、
貴重品などは、セーフティボックスをご利用ください。

続いて、バスルームへといきましょう。

バスルームシャワーブース
独立したシャワーブースとなっています。
シャワーは、固定式とハンドタイプの2種類が設置されています。
ガラスで覆われていますので、水がバスルーム内に飛び散らなくて
快適ですね。

バスルーム バスタブ
バスタブだってこんなに大きなものがあります。

観光やショッピングで疲れた身体をお風呂で癒してください。

バスルーム ヘアドライヤー
洗面台の脇には、ヘアドライヤーが壁面固定で
備え付けられています。
日本では、見慣れない形のドライヤーですよ。

無料のミネラルウォーターもあります。
生水にはご注意いただいて、歯磨き後のうがいなんかでも
こちらを利用していただいたほうがいいかもしれません。

バスルームアメニティ
階段状の棚にバスルームアメニティが並べられています。
最低限、必要なものが一通り揃っていると思います。

それでは、続きまして女性に人気の施設のスパ、
「イースパ」をご紹介します。

イースパ
こちらは、イースパのエントランスです。

トリートメントルーム
こちらは、トリートメントルーム。
お友達やカップルで一緒にご希望のコースを受けることも
出来るみたいですよ。

イースパサウナ
スパ内には、本格的なサウナもあります。
しっかり汗を流して、ご希望のエステコースを受けて
日頃の疲れをリフレッシュ♪

リラクゼーションスペース
リフレッシュした後は、こちらのリラクゼーションスペースで
この後の予定や明日からの旅のご予定をゆっくりお茶を飲みながら
たててみるなんてのはいかがでしょうか

まだまだ、広いホテル内には色々な施設がありますよ。

メリアプロサニ ジム
こちらは、本格的な機器が充実のジムです。
旅行中、旅の歩き疲れとはまた違った形で
身体を動かしませんか?

スイミングプール1

スイミングプール2
プールだってありますよ。
ホテル内の緑豊かな中にしっかりと遊べるプールもあります。
プールサイドのベッドでゆっくり読書なんて贅沢な時間を
過ごすのも旅ならではですね。
せっかく旅行に来たのですから、日頃の慌しい日常を忘れて
非日常の時間を送りたいですね。

エルパティオレストラン
こちらは、ホテル内のレストラン「エルパティオ」です。

エルパティオレストランランチブッフェ2 エルパティオレストランランチブッフェ1
ランチブッフェのメニューラインです。
ほんのほんの一部のご紹介しか出来なくて申し訳ありません。
まだ他にも種類豊富なメニューがありますよ。

青山(チンサン)中華レストラン エントランス
こちらは、本格的中華料理のレストラン「青山(ちんさん)」のエントランスです。

青山(チンサン)中華レストラン ダイニングルーム2

青山(チンサン)中華レストラン 個室
インドネシア料理に飽きてきたり、違った味も楽しみたいという方は、
是非、こちらの青山へどうぞ。
下の写真は、個室となっていますので、
ご家族やグループで周りに気兼ねなくこちらでお食事を
楽しんでいただくこともできます。


ジョグジャカルタの中心部に建つホテルですが、広大な敷地を
有していて、まだまだ他にもご紹介しきれていない施設が
あります。

バリワールドでは、ジャワ島中部の世界遺産や名所を巡るツアーの
利用ホテルのうちのひとつとしてこちらのメリアプロサニを設定しております。
是非、ご利用ください。

バリワールドのホームページはこちら
 http://www.baliworld.net/

こちらに掲載の写真や情報は、2012年9月のものとなります。


スポンサーサイト

ハイアットリージェンシージョグジャカルタ

ハイアットリージェンシー ジョグジャカルタ

ジョグジャカルタの北西部、市の中心部からわずか数分の場所に
位置しているホテルです。
ボロブドゥール遺跡にいくのにも大変便利なホテルとなっておりまして、
バリワールドでは、ジョグジャカルタの世界遺産や名所を巡るツアーの
利用ホテルのうちの一つとなっています。

それでは、ハイアットリージェンシー ジョグジャカルタを
ご紹介していきます。

ホテル外観
こちらは、ホテルの外観です。
ボロブドゥール遺跡をモチーフにしてデザインされた階段ピラミッド状の
建物となります。
最上階は、大ストゥーパをイメージしているそうです。

それでは、ホテル内部へと進んでいきましょう。

ホテルエントランス1
こちらは、ホテルエントランスです。
ジョグジャカルタ名物の輪タクが出迎えてくれています。
現地ではベチャと呼ばれ、庶民の手軽な移動手段です。
ハイアットYOG 輪タク
長く続くエントランスを抜け、ロビーへと向かいます。

庭からのエントランス
こちらは、エントランスをホテルのお庭から見たところです。
ジョグジャカルタ特有の屋根の形、ジョグロが印象的です。

ホテルエントランスからの眺め
こちらは、エントランスからの眺めです。
写真の両脇にあるのは、ボロブドゥールのストゥーパが形どられたオブジェです。
奥には、ホテル隣接の全9ホールのゴルフ場があります。

ロビーレセプション
こちらは、ロビー内のレセプションです。
人気ホテルということもあって、ロビーやレセプションは、
とてもにぎわっています。

ロビーのシャンデリア
ロビーの上部には、シンプルでかっこいいシャンデリアが!


それでは、お部屋へと向かいましょう。

コリドーに展示のオブジェ
客室に向かう途中のコリドーには、自転車のオブジェが!
日本では、このような自転車、見かけなくなりましたね。

客室へのエレベーター
こちらのエレベーターより客室へと向かいます。
今回、ご紹介するのは、デラックスルームとなります。
デラックスルームには、バルコニールームとガーデンビュールームがあり
客室のサイズやアメニティは同じで、バルコニー6㎡の有無が違いと
なります。

デラックスルーム主電源
お部屋に入ってすぐの入口脇の差込み口にカードキーを差すと
お部屋の電源がオンとなります。

デラックスバルコニールーム
こちらは、お部屋の内部です。
デラックスタイプのお部屋は、ガーデンビュールームは全室181室、
内79室がツインタイプ。
デラックスルームバルコニーは合計28室すべてがダブルベッドです。

デラックスバルコニールーム2
こちらは、バルコニー側からお部屋をみた様子です。
う~ん、シンプル!

デスク周り デスク横のコンセント
こちらは、デスク周り。
ホテルの一室というより、オフィスの一室といったイメージですね。
デスクの横には、コンセントがあります。
マルチコンセントではありませんので、日本のものを使うには、
プラグが必要になります。

湯沸し器
ベッド正面のテレビの下のチェスとの中には、
冷蔵庫が備えられています。

クローゼット
入口脇のクローゼットです。
ガウンと言っていいのか、部屋着というのか…
スリッパもあります。
引き出しもありますので、スーツケースの中身をこちらに移して
おけば楽チンですね♪

セーフティボックス 湯沸し器
クローゼット内には、セーフティボックスと湯沸し器・ティーセットが
備えられています。


バスルームも見ていきましょう。
バスルーム

バスタブ
バスタブです。
シャワーブースが別にありませんので、壁面固定式のシャワーにて
さっぱりしていただくことになります。
バスアメニティバスタブの脇には、こんなアメニティが!

洗面台の脇には固定式のヘアドライヤーヘアドライヤー

バスアメニティ2 バスアメニティ3
バスアメニティとして、歯ブラシやコットンなども備え付けられていますよ。

お部屋の外のバルコニーをみてみましょう。

バルコニー
お部屋のバルコニーです。
1階のお部屋には、このようなバルコニーがあります。

全体的にシンプルで、余計なものは置かないといった
シンプルいずベストとは、この事だー と言わんばかりの
お部屋ですね。

客室棟中庭
客室棟の中には、こんなお洒落な演出もあるんですよ。


それでは、ホテル内のその他の施設もご紹介していきます。

まずは、スパ・サロンのご紹介!
スパ・サロンエンブレムこちらは、スパ・サロンのエンブレム。

トリートメントルーム
スパ・サロン内のトリートメントルームです。
奥のバスタブは、ジャグジーです。

スパ内サウナ スパ内サウナ室内

スパ内ジャクジー スパ内シャワールーム
スパ・サロンには、サウナやジャグジー、シャワーブースもあります。

スパ内リラクゼーションスペース
お好みのコースで癒されたあとは、こちらのリラクゼーションスペースで
ゆっくりお茶でも飲みながら余韻にひたって下さい。

ボギーズテラス ステージ
こちらは、ボギーズテラス。
夜には、ステージにバンドなども入ります。

ボギーズテラス パノラマテラス
ボギーズテラスに隣接する、ステージとは逆側のパノラマテラスです。
天気が良い日には、ムラピ山やスリプ山を見ることができます。

ホテル隣接9ホールのゴルフ場1 ホテル隣接9ホールのゴルフ場2
こちらは、ホテルエントランスからも見ることができた、
ホテルに隣接する、全9ホールのゴルフ場です。
ヤシの木があったりして、日本のゴルフ場とは、ひと味違いますね。
普段よりもスコアがよくなったりしませんかね

敷地内ジョギングトラック レンタルサイクリング
左は、ホテル敷地内のランニングトラック、右は、レンタサイクルです。
旅行に出ると、観光なんかで疲れてしまいますが、
ランニングやサイクリンで汗をかいて、リフレッシュなんても
いいんじゃないでしょうか。

敷地内ガーデン
広大な敷地内の庭には、ジャワ島中部の遺跡をモチーフにした
オブジェがところどころに配されています。

スイミングプール1 スイミングプール2

スイミングプール3 スイミングプール6
もちろん、プールも充実してますよ。

スイミングプール4 ウォータースライダー
ウォータースライダーだってあります。
大人も子供も楽しくて、何回もすべっちゃいそうです。


レストランもご紹介していきましょう。
クマンギレストラン
こちらは、クマンギラレストラン。
写真のスペースは、朝食会場にもなります。

クマンギレストラン テラス席
クマンギラレストランには、テラス席もありますよ。
このテラス席、とても人気がありますので、
早い物勝ちですよ。

朝食の様子もご紹介しておきます。

朝食 ドリンクバー 朝食 ヨーグルト
まずは、ドリンクバーとヘルシーにヨーグルト。

朝食 デニッシュコーナー 朝食 サラダバー
続いて、ブレッドコーナーにサラダバー。
どちらも種類豊富、迷ってしまいますね。
迷ったときには、全部食べちゃいますか!!

朝食 ホットディッシュ 朝食 ホットディッシュ2
ホットディッシュも種類豊富!

朝食 インドネシア料理コーナー
インドネシア料理だってありますよ。

朝食 エッグステーション 朝食 グリルコーナー
左は、エッグステーション、右は、グリルコーナーです。
どちらも優しい笑顔のコックさんが調理してくれますよ。

朝食 お粥コーナー 朝食 ヌードルコーナー
おなかに優しい、お粥やヌードルコーナーも充実。
沢山の薬味がありますので、これも沢山食べてしまいそう。

朝食 フルーツバー
さすが南国のホテル。
フルーツバーも充実です。
満腹でも別腹でフルーツは、いけちゃいますかね。

あれもこれもと食べ過ぎてしまいそうな朝食メニューです。
1日の元気の源としてしっかり食べちゃってください。
ホテルの朝食は、ついつい食べ過ぎてしまいますので、
食べ過ぎには注意してください。


ホテルの内部やお部屋は、リゾートホテルというより、
シティホテルのイメージでした。
ただ、一歩ホテルを出ると、敷地内は、リゾート感たっぷりです。

ご夫婦やカップルにお勧めのホテルです。

バリワールドでは、ジャワ島中部の世界遺産や名所をめぐるツアーに利用する
  ホテルのうちの一つとなっています。

バリワールドのホームページはこちら
 http://www.baliworld.net/

掲載画像と情報は、2012年9月のものとなります。

グランドアストン ジョグジャカルタ

グランドアストン ジョグジャカルタ


2011年12月にアストングループの最新ホテルとしてジョグジャカルタに
オープンした最新ホテルです。
ジョグジャカルタの空港から10分ほどの場所に位置する高級ホテルです。
ホテル内の公共施設やお部屋は、無料でWi-Fiインターネット接続が
可能です。

それでは、ホテルをご紹介していきます。

ホテル外観
ホテル外観です。
街中にある高級ホテルという雰囲気を感じます。
夜になると正面上部の部分が青・赤・むらさきといった色で
ライトアップされます。
お泊りの際は、暗くなってから是非、一度ご覧ください。

ロビー階のショップ
ロビーを奥へと進むとショッピングアーケードがあります。
ショップスペースとコリドーを仕切っているブランコのような
斬新なインテリアです。
これは、インテリアなのかオブジェなのか座ってみる勇気は
ありませんでした。

客室棟のコリドー
それでは、客室棟のコリドーを抜け、客室へと向かいます。
ホテルで1番のお部屋数のスーペリアルームをご紹介します。

客室入口の主電源
客室のドアを入ってすぐのところに主電源があります。
カードキーを差込んで、お部屋の電源オンとなります。

スーペリアルーム
すっきりしたイメージのシンプルモダンな感じです。

サイドテーブル周り
サイドテーブル周りには、エアコンのコントロールと
電源コンセントがあります。

こちらは、ダブルベッドのお部屋のサイドテーブル周り
ダブルベッド部屋のサイドテーブル

スーペリアルームデスク周り
壁側にデスクやテレビ、冷蔵庫が並んでいて
とても使い勝手がよさそうです。

冷蔵庫上の湯沸し器とティーセット 冷蔵庫
壁際のデスクからテレビを挟んで反対側には、湯沸し器とティーセットや
お菓子が並んでいます。
その下のキャビネットの中には、冷蔵庫が備え付けられています。

デスク周りのコンセント
デスクには、マルチコンセントがあります。
マルチですので、日本のものがそのままご利用いただけます。
変圧機能はありませんので、ご注意ください。

バスルームへと移動していきましょう。

洗面周り
まずは、洗面周り広くはないですが、使い勝手が良さそう。
ヘアドライヤー1 ヘアドライヤー2
洗面台の脇には、ヘアドライヤーが備え付けられています。
こちらのヘアドライヤー、握りの背面を押すと温風が出る仕組みです。
スイッチを探してもありませんので、お間違いなく。

バスアメニティ 無料ミネラルウォーター
洗面台には、バスアメニティとして、箱にアストンのロゴが入った歯ブラシや
ボディローションがあり、無料のミネラルウォーターも備え付けられています。

シャワーブース
シャワーブースです。
バスタブは無く、シャワーのみです。
ハンドシャワーが設置されています。
クローゼット1 クローゼット2
クローゼットには、セーフティボックスとワッフル地のガウンがあります。
その他にアイロン台もあります。

タオル地のスリッパタオル地が気持ちいいスリッパも!

デラックスルーム デラックスルームソファ

スーペリアルームのひとつ上の部屋カテゴリーに
デラックスルームがあります。
こちらは、スーペリアルームとほとんど同じ作りとなって
いまして、お部屋が一回り大きいです。
大きくなったスペースにソファが設置されています。

続いて、ホテル内のその他の施設もご紹介いたします。

サフロンレストラン
こちらは、ロビーの奥にあります。「サフロンレストラン」です。
朝食会場にもなります。

サフロンテラス
こちらは、サフロンレストランのテラスです。

BBQナイト案内
毎週金曜日には、BBQナイトが開催されていて
こちらのテラスにてBBQが行われます。

朝食は、サフロンレストランでとることができます。
朝食の様子をご案内いたします。

ブッフェライン ブッフェライン2
まずは、ビュッフェライン! メニュー豊富です。

飲茶コーナー 飲茶コーナー2
おいしそうな飲茶コーナー!

デニッシュコーナー ドリンクバー
こちらは、種類豊富なデニッシュコーナーとドリンクバー!

寿司コーナー 朝食 スープ
こちらは、お寿司コーナーとスープコーナーです。
お寿司は、人気があるんですね。補充されてもすぐになくなってましたよ。

フルーツバーもちろんフルーツも充実!

かなり種類豊富な朝食メニュー、朝ごはんは1日のうちで1番大事な
食事ともいいます。
といってもこれだけあると食べすぎ注意ですね。
その日の観光に向けて、程よくしっかり食べましょう。

スパへと続くコリドー
グランドアストンには、スパもあります。
こちらのコリドーを通り、スパへと向かいます。

スパレセプション
スパでは、優しい笑顔で迎えてくれます。
後ろにある丸い鏡のようなものは、月をイメージして作られた
オブジェです。

トリートメントルーム
スパのトリートメントルームです。
奥には、小さいジャグジーもあります。

スイミングプール
こちらは、スイミングプールです。
正面に見えるのは、太陽のオブジェです。
スパには、月 プールには、太陽のオブジェと自然を大切に
していることがうかがえます。

プールバー
こちらは、プールに隣接しているプールバーです。
しっかり泳いだあとは、こちらで一息ついてください。

グランドアストン ジム
もちろん本格的なフィットネスジムもあります。
プールは、ちょっとという方は、こちらで汗を流してみては!

グランドアストン サウナ
サウナだってありますよ。
こちらのサウナは、男女一緒になっていますので、
水着を着用してのご利用となります。

ジョグジャカルタに新しくできたグランドアストンジョグジャカルタ!
バリワールドでは、ジョグジャカルタの世界遺産や名所をめぐるツアーの
利用ホテルのうちのひとつです。
シンプルモダンなお洒落なホテル、是非、ご利用ください。

バリワールドのホームページはこちら
 http://www.baliworld.net/

ロイヤルアンバルクモジョグジャカルタ

ロイヤルアンバルクモジョグジャカルタ

ホテルロゴ

知る人ぞ知る「旧アンバルクモパレスホテル」。
ホテルの運営は、バリ島のサンティカビーチやザ・サマヤを運営する
サンティカにかわり、2011年モダンで豪華なホテルに生まれ変わりました。
通常のお部屋はシャワーのみですが客室は40㎡と広く、
ショッピングモールが隣接しています。
空港にもほど近くとても便利な立地です。

では、ホテルをご紹介していきます。

ホテル外観
近代的な建物となっており、
ホテル周辺や敷地内は、とても緑豊かです。

ホテル外観2
こちらは、ホテル敷地内のプール側からの外観となります。
正面からだとわかりにくいですが、建物がL字型になって
いるのがこちらからだとわかります。
かなり大きなホテルですね。

それでは、中央に大きな花が出迎えてくれる
エントランスを通り、ホテル内へと入っていきます。
ホテルエントランス

ロビータイル画1

ロビータイル画2
ロビーに入るとひときわ目をひくのがこちらのタイル画です。
こちらは、旧アンバルクモパレスホテルから引き継がれています。
写真では伝わりにくいかもしれませんが、かなり巨大なタイル画です。

レセプション
こちらは、レセプションです。

ホテルロビー
こちらは、ロビーです。
すわり心地の良いソファーでお部屋ではなく
ここでくつろいぎたくなってしまいます。


続いてお部屋をご紹介します。
今回は、デラックスルームをご案内いたします。
客室ドア
客室入口の鍵は、カードタッチ式となっています。
カードキーの差込み口を捜してしまいますが、
タッチで大丈夫です。

客室
お部屋の内部です。
シンプルモダンでお洒落な印象を受けます。
クイーンサイズのベッドが設置されています。

客室バルコニー側より
バルコニー側からのお部屋の様子です。
シンプルな家具ですが、色合いを茶色と赤茶色にあわせていて
すごくお洒落です。床の白も茶色を引き立てています。

湯沸かし器など 冷蔵庫
壁掛けテレビの下には、湯沸し器やティーセットが備えつけられています。
その下のキャビネットには、冷蔵庫があります。

バスルーム バスルームアメニティ
バスルームをみていきましょう。
洗面台周りもシンプルな作りとなっています。
洗面台には、アメニティーが備えられています。

シャワーブース
バスタブは無く、シャワーブースのみとなります。
ブースには、レインシャワーとハンドシャワーがあり、
レインシャワーの優しい水流で疲れを癒してください。

バスルームコンセント
バスルームには、コンセントもございますので、
ドライヤーなどをお使いいただけます。
変圧器内臓のプラグをお持ちいただくと便利かもしれません。

セイフティボックス
お部屋のクローゼット内にセーフティボックスがございます。
貴重品は、必ずこちらをご利用ください。

スーツケース置場
大き目のスーツケース置き場もございます。
ゆったり大き目が嬉しいですね。


それでは、お部屋を後にしてホテル内の施設をご紹介していきます。

ホテルレストラン
こちらは、ホテル内のレストランです。
朝食会場にもなります。 
オープンエアーのスペースもあります。こちらは、人気スペースと
なりますので、早い物勝ちです。

一部ですが、朝食の様子をお伝えします。
シリアルコーナー パンケーキ、ワッフルコーナー

トーストコーナー デニッシュコーナー1
種類豊富なシリアルや飲み物が並んでいます。
ワッフルやトースト、デニッシュコーナーも充実しています。

朝食サラダバー
新鮮な野菜が並ぶサラダバーです。
旅行に出ると野菜が不足しがちですので、しっかり野菜を
とっておきたいですね。

エッグコーナー ヌードルコーナー
温かいメニューも充実しています。
エッグコーナーやヌードルコーナーでは、注文を聞いてから
調理してくれます。
やはり出来たては、おいしいですよね。

朝食会場の生演奏
レストランの朝食の時間帯には、ジャワ音楽が生演奏されています。
生演奏を聞きながら、朝のひと時をお過ごしいただけます。

朝食の後は、プールで泳ぐなんていかがですか。
ホテルプール
ホテル最上階から敷地内のプールを臨んでいます。

ジョグジャカルタ名物の馬車1 ジョグジャカルタ名物の馬車2
ジョグジャカルタ名物の馬車、アンドンです。
こちらのアンドンはハンドメイドで完成するまで6ヶ月を要します。

こちらは、ホテルに隣接するショッピングセンター、プラザアンバルクモです。
プラザアンバルクモ

プラザアンバルクモ 店内1 プラザアンバルクモ 店内2
大きなショッピングセンターです。
このショッピングセンターをしっかり周ろうとすると1日かかってしまいそうです。

プラザアンバルクモスターバックスコーヒー プラザアンバルクモピザハット

プラザアンバルクモダンキンドーナッツ プラザアンバルクモブレッドトーク
日本でお馴染みのスターバックスコーヒーやダンキンドーナッツなども
テナントとして入っています。

カルフール直結 カルフール直結2
ショッピングセンターからは、フランスのスーパーマーケットとして有名な
カルフールへと直結しています。

ジョグジャカルタにて世界遺産のボロブドゥールやプランバナンを
楽しむ際やジョグジャカルタ市内観光をするのにお勧めのホテルです。

バリワールドでは、ジョグジャカルタとバリ島の世界遺産や名所をめぐる
ツアーでこちらのロイヤルアンバルクモを宿泊ホテルとするツアーを
設定しております。

バリワールドのホームページはこちら
 http://www.baliworld.net/

フェイブホテルクスマネガラ

フェイブホテル クスマネガラ

ジョグジャカルタにあるフェイブホテルクスマネガラをご紹介します。

空港近くに位置し市内観光や世界遺産観光にとても便利な立地です。
バリワールドでは、ジョグジャカルタの世界遺産や名所をめぐるツアーにて
利用するホテルのうちの1つです。

それでは、ホテルをご紹介していきます。

市内の通りで赤がひときわ目をひくこちらの看板が目印。
フェイブホテル クスマネガラ

フェイブホテル クスマネガラ 外観
ホテルの外観です。
とてもモダンな建物です。
夜間には、建物右の波のようなツルのような模様が浮かび上がった
ようにライトアップされとても綺麗です。

それでは、ホテル内へと入っていきましょう。

ホテルレセプション
こちらは、ホテルに入ってすぐのレセプションです。
表の看板の赤がホテルカラーとなっていて、スタッフも同じ色を使っています。

お部屋をご紹介していきます。

客室入口

ホテル客室
客室は、壁の花柄が印象的です。
全体的にシンプルイズベストという言葉がぴったりの作りです。

客室デスク&テレビ
ベッド正面には、壁掛けテレビが備えつけられています。
壁には、デスクが作りつけられています。
こちらで翌日の旅の計画を再確認するにはもってこいです。

サイドテーブル周り
ベッド脇のサイドテーブルには、コンセントとエアコンの
リモコンが設置されています。マルチコンセントでは
ありませんので、日本の製品を利用するには
コネクターが必要です。

バスルーム
バスルームもシンプルな作りです。
バスタブはありません。

洗面周り 無料ミネラルウォーター
バスルーム内の洗面周りとトイレです。
こちらもシンプルな作りです。
洗面台には、無料のミネラルウォーターがあります。

クローゼット内セーフティボックス
クローゼット内には、セーフティボックスがあります。
パスポートなどの貴重品は、必ずこちらに入れておいてください。

ホテル内自動販売機 自動販売機
客室には、冷蔵庫がありませんので、お飲み物は、こちらの自動販売機か
ルームサービスにてご利用ください。
ソフトドリンクが1本5,000ルピアで販売されています。
5,000ルピアって日本円に換算すると約50円なんです。
ジュース1本、50円とは安い!

プール
大きくは、ないですがロビーの隣には、プールがあります。

プールのミネラルウォーター販売機
プールでは、ミネラルウォーターが販売されています。
プールで気持ちよく身体を動かしたあとは、水分補給をお忘れなく。
お好みのミネラルウォーターで渇きを潤してください。

ホテルレストラン
こちらは、ホテルレストラン。
朝食会場は、こちらのレストランです。

全体的にシンプルな作りのカジュアルモダンなホテルです。
カップルや学生さんにもお勧めのホテルです。

バリワールドでは、ジャワ島ジョグジャカルタの
  世界遺産と名所をめぐるツアーにてこちらの
  フェイブホテルクスマネガラを利用しております。

バリワールドのホームページはこちら
  http://www.baliworld.net/


掲載画像と情報は、2012年9月現在のものとなります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。